うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

今年で7年目!虐待防止キャンペーンやります!

cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_s.jpg
※写真はイメージです

こんにちは、プロデューサーの牛山朋子です。
【毎年11月は「児童虐待防止推進月間」】です。

それに合わせて、映画『うまれる』シリーズの自主上映会でも、
毎年、
【虐待防止キャンペーンを実施】
しています。

こちらは、11月に開催される上映会で、
「虐待防止キャンペーン」に参加していただきますと、
上映費を5%OFFにさせていただく、というものです。

★ 映画『うまれる』虐待防止キャンペーン
http://www.umareru.jp/abuse-prevention.html
(※キャンペーン内容や条件については、上記ページをご確認ください。)


『うまれる』シリーズでは、
児童虐待の防止はずっと取り組んでいる課題で、
2012年からはじめて、今年で7年目になります。

監督の豪田トモは、
虐待が起こる原因は、

【1. 愛着トラウマ】
自身も、親から何らかの虐待を受けている、
もしくは、親から十分な愛情を受けずに育ち、
子どもを育てる「しつけ」るための方法として、
「虐待」的行為しか知らないため。

【2. サポート不足】
子育ての主要な役割を担う母親が、パートナーや親、
地域からの十分なサポートを受けておらず、
心理的、社会的に、孤立しているため。
を挙げていますが、

【虐待の問題に取り組む事は、育児環境の改善につながる】

と考えています。

==============================================
虐待に追い込まれてしまう子どもとママに手を差し伸べる事が

・親が幸せな子育てを楽しむこと
・パートナーシップや家族の絆を育(はぐく)むこと
・優秀な未来人を産み出すこと

などに大きく関係する
==============================================
のです。

どんな理由があれ、
許されない犯罪はありますが、
虐待をした人だけがおかしいのだ、と考えると
将来的な問題解決には結びつきません。

私たちが共に感じ、考え、助け合い、行動する事によって、
この問題は改善できると思うのです。

ぜひ皆さまもこの機会に、
虐待としつけ、そして子育ての関係性について、
考えてみませんか?

※過去の虐待防止キャンペーンの情報
http://www.umareru.jp/blog/2014/08/2014-4.html
http://www.umareru.jp/blog/2014/11/post-1.html

★児童虐待防止に関するブログ
http://www.umareru.jp/blog/cat166/

★養子・里親・児童養護に関するブログ
http://www.umareru.jp/blog/cat148/


映画の上映を通じて、子ども虐待への意識を高め、
ママと子どもへのサポートを強化していく事が出来ればと
願っております。

詳しくはコチラのページをご覧くださいませ。

★ 映画『うまれる』虐待防止キャンペーン
http://www.umareru.jp/abuse-prevention.html

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ