うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

体験談より:「この子を私たちの妹にさせて下さい」

以前も投稿させてもらいました。
時は流れ......7歳女の子、5歳男の子、1歳女の子のママになりました。
上二人の話す3人目のことの記憶です。

5歳男の子が突然、産まれたばかりの泣いている妹(みーちゃん)に向かって、

「僕が雲の上でみつけたんだからね!」
「みーちゃんは泣いてばかりいるから、悪い神様に捨てられたんだよ!」
「神様が雲の上にポーンって捨てるの僕が見たんだよ、
で、僕が雲にはしごをかけて......
あーちゃん(姉)に頼んで抱っこしてもらって、みーちゃん連れてきたんだよ!」


と話すのです。

そこに姉も思い出したのか、
「そうそう!!二人でお空飛んで遊んでたら見つけたんだよねー」
「お空には悪い神様もいるんだよね......だから、いい神様にお願いしたの、
この子を私たちの妹にさせて下さいって。」

3人目のみーちゃんは本当に泣き虫です。
しかし、姉のあーちゃんは泣いている妹を見ては、
「泣いてる時はお空に帰ってる時間なんだよ」

そして二人の会話は、
「産まれてくるには赤ちゃんチケットが必要」
→だから、妹の赤ちゃんチケットを手にいれるため、神様にお願いした

「おっぱいチケットをもらって産まれてくる」
→チケットがなくなったら、おっぱいを辞めないといけない

「お空には大きな図書館がある」
→その本は全ての国の情報が書いてあり、
どの国の子に産まれるか決めないといけない
→姉のあーちゃんはアメリカと日本で迷っていて、神様に相談したら、
アメリカは銃社会なんだよって言われて、だから日本にした

「大きなテレビがある」
→いろんなお母さんが写しだされていて、
どのお母さんにしようかなーってテレビ見るようにいろんなお母さんを見ていた


上二人で話している時は、よくお空で過ごしていたこを話しています。
3人目のみーちゃんが何を話してくれるのか......
今から楽しみですね(^^)

=========================
★ 映画『うまれる』の体験談より
http://www.umareru.jp/experience/

★ 「体内記憶」に関するブログはこちら
http://www.umareru.jp/blog/cat34/

【皆さまの体験談を募集しています!】

体験談を書く事を通じて自分自身に向き合う事は、
癒しのプロセスの始まりでもあり、
自分の中に新しい何かが生まれる可能性を秘めたものでもあります。

ぜひこの機に、人生で大きなインパクトを残した体験や、
今まさにインパクトを残しているご経験を振り返り、
新たな「誕生」を迎えていただければ幸いです。

体験談ページより、投稿いただけます!


小説「オネエ産婦人科 〜あなたがあなたらしく生きること〜」
【全国の書店で絶賛発売中!!】
(サンマーク出版)

★Amazonでのご購入はコチラ★
https://amzn.to/2T1UVLU

著者: 豪田トモ
イラスト: 鈴ノ木ユウ
☆ 笑って泣けちゃう命の物語 ☆

http://www.umareru.jp/onesan/

spacer
image
spacer
image

カテゴリ

spacer
image

月別 アーカイブ