うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

医療費が無料になった時の意外な弊害

先日、バンクーバーに行った時に
カナダの医療保険制度について色々と教えてもらいました。

カナダでは、
足の骨折からガンの治療、臓器移植など、
ほぼすべてが国民医療保険でカバーされ、
窓口負担もありません。


「医療費が無料」

というのは、一見すると、凄い良さそうな気がしますが、
弊害もいくつかあります。

まず、医療費を維持するため、税金は高いです。
友人によると、所得税は30-40数%で、消費税は11%。


また、「タダだ!」という事で何かちょっとした事があると
すぐに医療サービスを受けようとする人が増えてしまい、

==========================================

・医療費が高騰する
 →税金がさらに増える

・医療従事者が疲弊する
 →数が足りなくなる、成り手がいなくなる

・本当に助けを必要とする人に行き渡らなくなる
 →助かる命が助からなくなる

==========================================

というような弊害もあるそうです。

そう言えば、僕がバンクーバーに住んでいた時に
医療従事者がストライキをして大変な騒ぎになっていましたが、
こういう点が原因だったのかもしれません。


ちなみに、なぜか「歯」だけは保険でカバーされておらず、
歯のお掃除だけでも、1万円近く払う必要があり、
ちょっとした治療で数万円になるそうです。


このようなお話を聞かせてもらうと、
ある程度の窓口負担が「抑止力」と「調整力」
になっているのかなという気もしますが、

一方で、
歯のように医療費が高すぎる事で
不都合な生活を受け入れざるをえない人もいるかもしれません
(今回はそこまで取材できませんでした)。


う〜ん、どういう保険システムが良いのだろう???

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3354

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ