うまれる ずっと、いっしょ。

予告編

■映画『ずっと、いっしょ。』劇場版予告編

◎分数:02:20

うまれる命 旅立つ命、つながる命......。3組の家族の生と死を描いた、笑いと涙、愛の物語。2014年11月22日〜、シネスイッチ銀座ほか、全国順次ロードショー

映画館で流れている予告編です。( Youtubeの映像へ


■映画『ずっと、いっしょ。』インターネット版予告編

◎分数:02:34

家族と暮らす日々は、永遠ではありません。
出会い、誕生、別れなどの大きな変化もあれば、子どもの成長、病気、老いといった、暮らしの中で、少しずつ変わって行く部分もあります。

  • 血のつながりのない父と子
  • 完治しない障がいを持つ子を育てる夫婦
  • 愛する家族を見送った家族

3組の家族の姿から見えてくるのは、世の中のどの家族にも共通の、きっととても大切なもの...。

映画『ずっと、いっしょ。』のエッセンスがぎゅっと詰まった予告編です。( Youtubeの映像へ

※ 予告編を2種類作った理由はこちらよりご覧くださいませ。


■映画『ずっと、いっしょ。』樹木希林さんナレーション

◎分数:02:15

誰でも、いつかは人生の終わりを迎えます。

愛する家族を遺してこの世を去らねばならない時、あなたなら、どんな手紙を書きますか?

感謝、愛情、大切な人たちへの想い...。

映画『ずっと、いっしょ。』では人生の旅路を終えた、ある女性の手紙が流れます。映画公開に先行して、樹木希林さんの愛情のこもったナレーションをお聞きください。

Youtubeの映像へ


■映画『ずっと、いっしょ。』スピンオフ・アニメーション

◎分数:03:58

映画『ずっと、いっしょ。』のスピンオフ・アニメーションです。

登場する3組のご家族の中の、仲睦まじかった奥様を亡くされた男性をモデルに作らせていただきました。

遠い日、若いふたりが出会い、愛し合い、家族になり、子どもたちに恵まれ、巣立ち、そして、やがて別れの時が訪れる...

家族の40年の歴史を再現したアニメーションをご覧ください。

Youtubeの映像へ


■映画『ずっと、いっしょ。』主題歌ミュージックビデオ

◎分数:04:00

愛する人に先立たれた方々は、ほぼ必ずと言っていいほど、後悔の念を口にされます。

それは、ひとえに愛があったから。

「後悔は愛の証」なんです。

そう認識を変える事で、ネガティブに捉えられがちな「後悔」という要素が、前を向く、現実を受け入れる一歩になるのかもしれない、と思い、僭越ながら、詩として綴らせていただきました。

Youtube の映像へ


page-top.png

■映画『うまれる』予告編

 

 

■ミニ・ドキュメンタリー「不妊と流産を乗り越えて」

 

 

■映画『うまれる』自主上映会のご案内

 

 

■自主上映会の様子

 

 

■映画『うまれる』監督&プロデューサーの子の誕生シーン

 

page-top.png

 

■映画『うまれる』サウンドトラックCD内容のご紹介

 

 

■天使ママに捧げるアニメ「泣いていいよ」

 

 

■お子ちゃま同伴OKの「ママさんタイム」の様子

 

 

■映画「うまれる」製作のきっかけ

 

 

■講演会・映画『うまれる』監督・豪田トモ(家族円満の秘訣)

 

page-top.png

 

■『うまれる ~いのちの授業~』教材DVDサンプル(あなたがうまれた物語)

 

 

■『うまれる』医療機関向けDVDサンプル(子どもがうまれるということ 〜 妊娠・出産 〜)

 

 

■オーディオ対談: 産科医・池川明 × 映画監督・豪田トモ

 

 

■映画『うまれる』英語字幕版サンプル

 

 

■映画『うまれる』バリアフリー版サンプル

 

 


映画『ずっと、いっしょ。』の2つのご注意点

  1. 当面の間、DVD販売・レンタルの予定はございません

    ぜひお近くの映画館もしくは自主上映会にお越しくださいませ!(上映一覧スケジュール
    ※前作『うまれる』は公開後4年経過していますが、現在もDVD化はされておりません。ただ、リクエストなどによりまして、将来的に「販売」を開始する可能性もございます点、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

  2. 前作『うまれる』の「続編」ではありません。

    命・家族・絆というテーマは一緒ですが、前作にご登場いただいたご家族のうち、松本虎ちゃん家族以外は本作には登場されておりません。

    2040年まで継続予定の『うまれる』シリーズの第二章という位置付けのもと、 新たな登場人物と新たなモチーフによって製作いたしましたので、

    前作の『うまれる』をご覧いただいた事のない方でも、 十分、楽しんでいただけます。

    ご参考: 「【赤ちゃんにやさしい国へ】映画『ずっと、いっしょ。』を観る前に読んでもいいし、観た後に読むとまたいい豪田監督インタビュー記事