うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

【差別、について考える】

最も知られた差別は「人種差別」と「性差別」ですが、実は、

・年齢
・民族
・階級
・宗教
・障害
・性的指向

、、、と様々な差別があります。


「あいつはオレより年下なんだから、、、」

「やっぱり、◎◎の国の奴は、、、」

「きちんとした大学に行っていない人は、、、」


と言ったような事も差別になりますよね。


【「差別」というのは「人に自分の存在を認められない」という状態】


だと思うのですが、長年、僕は「親に認めてもらえていない」と(勝手に)思って苦しんできた事もあって、「差別」に対しては、少しだけ敏感です。

======================================
「除外行為や拒否行為」である差別は、
人とのつながりを阻害する決定的な要因に
======================================

なりますので、僕は個人的にあらゆる差別とは距離を置きたいと誓っています。

でも、僕はカンペキからは程遠い人間なので、僕も知らないうちに「差別」をしてしまっているところがあるのかもしれない。

=====================================================
大切なのは、いつも謙虚に自分を振り返り、
セルフ・チェックをして、より良い人間になれるよう精進する事
=====================================================

なのかな、と思います。

※ 辞書では

1. あるものと別のあるものとの間に認められる違い。また、それに従って区別すること。

2. 取り扱いに差をつけること。特に、他よりも不当に低く取り扱うこと。

とありますが、

ここでは「2」の【他よりも不当に低く取り扱う」という意味での「差別」について】考えています(いわゆる「区別」と、女性や子ども、障がい者等弱い立場にいる方への「配慮」は除きます)。


監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3283

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ