うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

【試し読み募集! 】小説『オネエ産婦人科』の第一稿がようやく完成!

onesan-0704.jpg

ドキュメンタリーではメッセージが伝わりきれないことも多いから、
小説、それを原作にした劇映画、という別の形にしたら、
もっと幅広く、メッセージが伝わるかもしれない。。。

そんな思いつきに賛同してくださった出版社の方と
小説プロジェクトを始めたのは、2015年の秋。

何度も何度も書き直し練り直し、
気づいたらもうすぐ3年(笑)。

中学生だったら卒業しちゃうよ☆


最初は、産婦人科を舞台にした物語とは、
全く違うテーマ、違うストーリーからスタートし、
半年経って「これは伝わりきらないな」と判断してやめ、

「胎児の声が聞こえる若手産科医が、
LGBTスタッフばかりの産科クリニックで人生をやり直す、
たくさん笑えて、ホロリと泣ける"命の物語"。」

に切り変えて、
1年弱書いた後に

「これは長過ぎます。4冊分書いちゃってますよ」

と言われたのが約1年前(笑)。


そして、再度、書き直して、先日、

や〜〜〜〜っとのことで、

第一稿が完成いたしました〜。
(ちゃんと1冊分の分量になったーーーー(^^;)


編集担当の鈴木七沖さんにも太鼓判を押してもらい、

あとは、
展開や構成、描写を再度検討したり、
細かいところを修正したり、、、、

を何度か繰り返して、第2稿、第3稿、、、、

最終原稿へとすすみます!


予定では9月初旬に書き終わり、
11月くらいに発刊開始!!


「秋〜冬に出版!」
と宣言するのも、2016年から3年目ですけど(笑)、

今度こそホント〜に、
みなさんのお手元にお届けできる気がしてます☆


これまでのドキュメンタリーとはまた違った形で、
娯楽性豊かに、

いのちの、そして家族のメッセージをお届けする予定です。


タイトルも正式に


「オネエ産婦人科」


に決定しました。

出版社さん側としては副題に何か付けたいみたいで、
ただいま絶賛検討中です。


さてさて、
そんな「オネエ産婦人科」。


【試し読みしていただける方を10名限定で募集】


させていただきます!
※ サポーターズクラブの皆さまは全員試し読みが可能です☆

『うまれる』でも『ずっと、いっしょ。』でもやりましたが、
完成まであと一歩!という段階でご覧いただき、
ご意見をもとに最後の修正を行なうことで

「伝わる作品」

にする事を、僕はとても大切に思っています。

きっと僕やスタッフ、編集担当者には
気づかない事もあるはず。

ご意見や新しいアイデア、ツッコミどころなど、
アンケートにお答えいただける方、
是非是非ふるってご応募くださいませ。

皆さんのアイデアが採用される可能性は十二分にあります!!!


文量はちょうど文庫本一冊程度。

【読んでいただく期間は8月1日〜8月12日の間】です。
※ この頃には、おそらく第三稿くらいまで進んでいると思います。


ぜひ、製作に参加してみたい!という方、
下記のご注意事項をお読みの上、フォームからお申込みください!!

<小説「オネエ産婦人科」試し読み・概要>

● 募集人数 :10名
● 申込〆切 :7月20日(金)中
● 原稿お渡し日 :8月1日(水)予定
● アンケート〆切 :8月12日(日)※約1週間半
● 原稿の量 :A4で140Pほど


◎お申し込みは、以下からお願いします。
http://www.umareru.jp/test-reading.html

みなさんの貴重なご意見が、初の小説『オネエ産婦人科!?』を
ブラッシュアップします。

どうぞよろしくお願いいたします!

監督・父
豪田トモ

★ 小説『オネエ産婦人科』
http://www.umareru.jp/series.html#onesan

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ