うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

誰しもが 世界にたったひとつしかない尊い「いのち」を持っている

ブログ用_200909_1s.jpg ※ 去年のキャンプ写真より

1. 「居場所」―自分が安心できる場所

2. 「味方」―どんな自分も受け止めてくれる人

3. 「存在価値」―自分が役に立っていると思えること

これは、

【自ら命を絶とうかと悩んでいる人が必要としている3つのもの】

だそうです。
(書籍『人生をやめたいと思ったとき読む本』澤登和夫さん著より)
http://tinyurl.com/co84jm6

現在、日本国内で自ら命を落とされる方の数は

年間、約2万人(2019年)。

一日平均で50人を超える人数です。

学校で言えば......、

毎日、2クラス分くらいの人が、

次々と命を落としている計算......。

日本の自殺死亡率は、
主要先進国の中でもトップで、

厚生労働省によると、
10代~30代の若者における死因の1位が自殺。

40代でも2位、

50代前半でも3位に入ります。

ここ数ヶ月でも、
著名人のニュースが相次ぎました。

今日、9月10日は、世界保健機関が定めた「世界自殺予防デー」。

周りにいる苦しむ誰かのために、

僕たちには何が出来るのかな......?

誰しもが、

世界にたったひとつしかない尊い

「いのち」を持っていると僕は思うんです。

代々、伝わってきたその宝物を、

自分らしく輝かせられる世の中になって欲しいな......

切に願います。

そんな、

当たり前すぎて何とも思わない、

と思われがちなことを、

作品作りを通して、

愚直に、

伝え続けていきたいな......。

僕は、「赤の他人」はこの世に存在しないと思うんです。

地球上に生まれ育っている限り、
みな、細く太く、つながりあっています。

まずは自分の近くにいる人に、

笑顔で接する、明るく声がけをする。

それが、巡り巡って、

近くの、遠くの花を咲かせるんじゃないかなと思うんです。

そんな、

当たり前すぎて何とも思わない、

と思われがちなことを、

実直に、

伝え続けていきたいな......。



監督・父
豪田トモ


★ 新作映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション: 大泉洋)
オンライン上映中! ぜひご覧ください!!
online_banner.png


★【キャッシュバックあり!】映画『ママやめ』をオンライン上映しませんか?
mytheater-ttl-banner2s.png

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ