うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

産科医・鮫島浩二先生の新たな取り組み

IMG_9194.JPG

先日、計20の産婦人科の病院やクリニックが連携して、養子縁組の支援をしていく事になった、というニュースがありました。

http://www.asahi.com/national/update/0829/TKY201308280555.html http://sankei.jp.msn.com/life/news/130918/edc13091807540002-n1.html http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG07013_X00C13A9CR8000/

簡潔に書いてしまうのは気が引けるのですが、
ご理解いただきやすいように書かせていただきますと、
今回のニュースの概略は、

・予期しない妊娠をしてしまい、子どもを育てる事が現実的に難しい女性に、

・子どもを育てたいと願うご夫婦を紹介し、

・場合によっては子どもを託す「養子縁組」の選択肢を用意する、

・という活動を、全国の産婦人科で連携しながらやっていきましょう、

というアイデアです。

これは映画『うまれる』にもご出演いただいた、
僕も心から敬愛する

産科医の鮫島浩二先生が発起人。

※ 映画の中で、お腹の中で赤ちゃんを亡くされた女性に、天国の赤ちゃんからの手紙を書かれた、あの先生です!

※ 手紙は書籍にもなりました☆

産科という場所は、
命の誕生という美しく場面が多いのですが、

映画『うまれる』でも取り上げさせていただいたように、
流産・死産という悲しい出来事があったり、
赤ちゃんを望むもののなかなか授からない事があったり、

また、今回のように、妊娠はしたけれど、予期したものではなく、
赤ちゃんが来てくれた事を喜べない、ということも現実的にはあります。

そしてその場合、多くの女性は、
「中絶」という選択肢を選びます。
※ 現在の日本の中絶件数は約25万件です。

その事を現場で体感するようになった鮫島先生は、お仕事の傍ら、
中絶ではなく、妊婦さんと赤ちゃん、そして、育ての親をつなげる養子縁組の活動を、
20年以上もの間、ボランティアでされてきました。

「患者の人生を看る」鮫島先生の医師としての心持ちには
本当に頭が下がります。

鮫島先生の養子縁組の活動は「その子を、ください。」という書籍でも書かれています。

※ ちなみに、鮫島先生は一度も中絶手術をした事がない、という非常に珍しい産婦人科医です。

IMG_9314.JPG ※ 死産の経験をされた関根さんは鮫島先生のクリニックで「第二子」をご出産されました

僕らも映画『うまれる』を製作している時に、
色々な出会いの中で、「養子縁組に関する作品を作れないか」と思うに至り、

その後、リサーチ・取材を続けてきました。

これまで日本の養子縁組活動というのは、
医師や弁護士、NPOなど様々な個人・団体の方々が、
様々な思いで行われてきました。

養子縁組に関する取り決めについて書かれた法律は、
実は日本には事実上、存在していない事もあってか
(現在、立法の動きがありますが、賛否両論ある中、激論が交わされています)、

見方によっては、金銭的利益を享受しているのではないかと疑われてしまう活動や、
人身売買ではないかという批判も現実にはあるようです

(この件は様々な誤解もあるので、また機会を改めてご報告できればと思っています)。

そうした中、鮫島先生が今回、
「あんしん母と子の産婦人科連絡協議会」という名称で、
産科医もリーダーとなって養子縁組活動をしていこう、と行動されたのは、

ひとえに、

========================================================
赤ちゃんの命、そして産みの親の人生を守りたい
資本主義の論理で不当な赤ちゃん取引をなくしたい
========================================================

からだと思われます。

そして僕らは鮫島先生のお人柄もよく存じ上げておりますので、
今回の活動が表面的なものではなく、「本物」であり「真剣」であると分かります。

鮫島先生の活動を
『うまれる』としても応援させていただきたいと思います。

IMG_0004.jpg

※ 養子縁組に関する話は今回の内容だけでは、非常に説明不足なので、
また改めてご報告できればと思っています。

★ 「あんしん母と子の産婦人科連絡協議会」の公式HP
http://anshin-hahatoko.jp/

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3704

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ