うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

映画『うまれる』が3歳になりました!

IMG_9356.JPG ※ 二人でお祝いしました♪

【2010年11月6日】

に映画『うまれる』の劇場公開が開始され、
昨日で無事に3歳の誕生日を迎える事が出来ました。

おかげさまでたくさんの方に支えていただいて、
いまだに自主上映会を中心に上映を続けさせていただいており、

【本年度内には総視聴者数は30万人を超えそう】です。

これも皆さまのご支援あっての事と、深く、深く感謝しております。
ありがとうございます。

IMG_4187.jpg

おかしいと思われるかもしれませんが(笑)、
僕は映画『うまれる』を「自分の子ども」のように思っています。

通常、クリエイターは一つの作品を産み出すと、
次の作品に移ります。

映画『うまれる』をつくるまで、僕は当たり前のようにそうしていて、

「作品をそだてる」

という感覚は全くありませんでした。

でも、映画『うまれる』の場合は、
娘の誕生と映画の公開がほぼ同時だったこともあったのか、
ちょっと感覚が違いました。

IMG_0473.jpg ※ 生まれたての頃の娘・詩草(しぐさ) もうすぐ3歳です☆

娘が産まれた後、もう僕は生み出したから、
あとは誰かにまかせて、

つまり、娘を放っておいて、さぁ次の子どもに!、、、
とは当然なりません。

=============================================
いま目の前にいる我が子を愛し、育てたいという
気持ちがあって、それは作品も同じである
=============================================

事に気づきました。

=================================================
公開後、3年近くも
映画『うまれる』を観ていただく活動を続けていられるのは、
我が子を「そだてたい」という感覚があるから
=================================================

なのかもしれません。

【もうすぐ次回作の編集が始まります】が
(来年の秋〜冬公開予定)、

IMG_4959.jpg

たとえ「第二子」が生まれようとも、
「第一子」のことも今までと変わらず、愛おしんでいこうと
思っています。

優先順位を付けるのではなく、

【どの子にも精一杯】

がモットーです。

以前、三人のお子さんを育てていらっしゃるママから
聞いた言葉です。

これからもよろしくお願いいたしますっ!

IMG_0160.jpg

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3719

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ