うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

さようなら、ありがとう。

暗い話題で申し訳ないのですが、、、

お腹に来てくれた子が、先日、天に戻ってしまいました。

たった8週間の、短すぎる、いのち、でした。

娘の詩草(しぐさ)に
妹か弟がいたらいいなぁと思うようになって、

約2年。

今年の年初に【第2子を授かること】
と目標設定していたのが効いたのかなぁなんて思っていたのですが、、、

とても悲しく、悔しく、残念です。

どんなメッセージを伝えにきてくれたのか、、、
今はまだ分かりませんが、そのうち気づく時が来るのかな。。。

僕以上に、
お腹で育てていた妻の方が悲しみとショックは大きく、

どうしても自分を責めてしまう時があるので、
僕の役目は妻のサポートが主になります。

・一緒に過ごして
・話を聞いて
・泣きたい時に泣いてもらって
・愛情表現をして
・無条件で受け止める。

これを繰り返していく事で、
精神的な安定を感じるようになってくれれば
いいなぁと思っています。

2歳9ヶ月の娘・詩草(しぐさ)は
どのくらい理解したのかは分かりませんが、

僕らの事をギュッとしてくれたので、
悲しい事だったという事は分かってくれたような気がします。

毎日の詩草の笑顔に救われています。

子どもって本当にすごい力を持っています。

短い間だったけど、
たぶん、赤ちゃんは
すんごい幸せな日々を過ごしだろうなぁと思います。

僕らみんな、すんごい幸せだったから。

さようなら、ありがとう。

またいつか、抱っこできる日を楽しみにしてるね☆

IMG_6568b.jpg

※ 妊娠報告さえしていないのに、流産報告する事には
大きな迷いがあったのですが、仕事柄、お腹の中でお子さんを
亡くされた方々にお会いする事も多く、隠し続けるのは気持ち的にも
難しいと思い、報告させていただく事にしました。

★ こんなブログを以前、書いていました。ご参考くださいませ。
子どもを亡くされた方に言ってはいけない言葉

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3591

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ