うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

サッカー日本代表を応援する時は選手を批判しない

昨日の日本代表は残念でしたね。

引き分け以上で2014年のワールドカップ出場が
決まるところでしたが、1-2で敗れてしまいました。

サッカー日本代表を応援し始めて、
もう20年になりましょうか。

ここ数年、サッカー日本代表を応援する時には、
ひとつのポリシーを持つようにしました。
それは

「絶対に選手を批判しない」

という事です。

昔は「下手くそ!」とか「あんなの決められないのはプロじゃねー」
とか、時にはそのプレーぶりに苛立ったり、
「国民の恥だ」などと罵ったこともありましたが(笑)、

よくよく考えたら、

========================================
日本代表の選手たちは僕なんかより圧倒的に
サッカーがうまくて、知識も経験も技術もあって、
絶望的なまでに努力を重ねている
========================================

わけで、そんな

========================================
プロの鏡のような人たちに、1つ良くない
プレーをしたからと言って文句をいうのは、
果たしてフェアーな事なのだろうか
========================================

と、ふと思ったのです。

これは映画製作を学ぶようになってから
特に気づいた事なんですが、

かつての僕は大上段に構えて、映画を「批評」していました。
脚本だか、演技だか、演出だかと。

でも、

まじめに映画製作を学ぶようになってから、

作っている人たちは僕よりも圧倒的に知識も経験も技術もあって、
努力もしていて、

結果は芳しくない時があったかもしれないけど、
おそらく概ね、一生懸命作ったんだろうなぁ

それを知ってか知らずか、文句をつけるのは、
同業者・先輩・先達に対するリスペクトに欠く行為かもしれないと、

と思えるようになったんです。

それから、

同業者の方が作られるものに対して、
悪く言うのはやめました

(妻にだけは言います、笑)。

これは子育てにも似ているかもしれません。
たぶん、

どの親も、

子育てを経験していない人に

子育てについて注意されたり

評価されることはイヤ

なんじゃないかと思うんですよ。

また、
何でもすべて自分の期待通りにプレーしてくれる選手は
残念ながらこの世に存在しないわけで、
どんな好きな選手でもチームでもミスや悪いプレーは必ずあります。

=======================================================
大切な家族でも友人でも、賛同できない点は必ずあります。
そこを「許して」あげながらも、
概ねの部分で寄り添っていかないと、
いつも不満と失望とストレスだらけで、
結局、幸せな人生を歩む事が難しくなってしまう
=======================================================

のではないかと思うのです。
それに、カルマじゃないけど、
僕は

「愚痴と鮭は戻って来る」

とも思っているので(笑)、

================================================
一生懸命がんばっている人には、
多少、ツッコミたくなるところがあったとしても、
一切、ネガティブな事は言わない
================================================

ようにしています。

がんばれニッポン!!

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3369

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ