うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

脳は覚えている虐待のトラウマ

乳児院に取材した際にお聞きした話です。

身体的虐待が原因で
生後4ヶ月の時に乳児院にやって来た男の子。

======================================
保護された時は、眼の上を「火鉢で焼かれ」
火傷の痕が残っていた
======================================

そうです。

しかし、乳児院の職員さんの尽力もあり、
まるでそんな経験はなかったかのように、

笑顔の絶えない子に育っていきました。

虐待を受けた子どもは、夜中に泣き叫んだりする事が
多いのだそうですが、そんな事もなかったため、

「産まれてすぐだったから、覚えていないのだろうか」

と職員さんは半ば、肯定的に受け止めていました。

しかし、ある夏の事。

部屋の布団からお庭での花火を見た瞬間、

顔が氷りつき、布団で顔を覆いながら、
後ずさりを始めたそうです。

身体は震え、涙が止まらない男の子。

何があったのかは、その子と母親以外、誰にも分かりませんが、

=============================
生後4ヶ月であっても、
虐待の記憶は明確に脳に残っていた
=============================

ようです。

きっとその子は、これからの人生、
ずっとこのトラウマと闘っていくのでしょう。

周りからの十分なサポートを受けて、
少しずつ解放されて行く事を願っています。

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3352

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ