うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

映画『ダイ・ハード』の主役はブルース・ウィリスじゃなかった?

diehard.jpg

俳優ブルース・ウィリスを大スターにした出世作『ダイ・ハード』(1988)は、
僕が最も大好きなアクション映画の一つです。

『ダイ・ハード』にはアクション映画の好ましい姿があります。

・主人公が絶体絶命の状況に置かれること

・次々と主人公の目的を阻もうとする出来事が起きること

・主人公に憧れ性と共感性があること(もちろん演技と存在感も)

・悪役の演技が素晴らしいこと

・テンポよくアクション・シーンがあること

・アッと驚く爆発シーンがあること

・最後にちょっとしたどんでん返しがあること

というのは、言わば、アクション映画では当然の事というか、
これをやってもカンペキにやっても「まぁまぁ」な映画にしかなりません。

diehard2.jpeg

『ダイ・ハード』が歴史に残るアクション映画になっているのは、
これらに加えて、

・奥さんとの関係という内的葛藤が描かれていること

・アフリカ系警官との友情が描かれていること

なんですよね。

これが他のアクション映画には、
ちょっと足りないのかもしれません。

diehard3.jpg

ところで、元々、主人公役には、
シルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーが
有力視されていて、実際に主演したウィリスは

4~5番目の候補だった

そうです。
しかも、

オファーを受けた際、
レギュラーで出演していたTVドラマに拘束されていたため、

一旦はオファーを断わらざるをえなかった

ものの、同番組の主演女優が妊娠して、
撮影不可能になったため、幸運を手にすることができたそうです。

もし彼が

「4番目の候補だったら、やらねーよー」

って言ってたらどうなっていたでしょう?

人生、いつチャンスが訪れるか分かりませんね☆

今日と明日、新潟で3回、上映会と講演会が
開催されます。
http://www.umareru.jp/everycinema-schedule.html

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/2978

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ