うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

ダイヤモンド・ユカイさんと対談

IMG_3200.JPG

2011年10月24日付のブログでレッド・ウォリアーズというロックバンドの
ボーカルを担当していたダイアモンド☆ユカイさんが、
無精子症(文字通り、精子がない症状です)を告白した
書籍『タネナシ。』をご紹介させていただきましたが、

http://www.umareru.jp/blog/2011/10/post-570.html

先日、そのユカイさんにお会いしてきました。

実は僕、高校生の頃にバンドをやってたんですが(初告白!)、
よくレッド・ウォリアーズの曲は聴いていました。

特にお気に入りは「バラとワイン」で、
いつかこの名曲を映画で使わせていただきたいと狙っています♪

今月初めに双子の男の子が産まれ、3児の父になったユカイさん。

帝王切開での出産に立ち会ったようですが
(帝王切開では立ち会えない病院がほとんどです)、

「女の"切腹"はすごいよ」

とユカイさんらしい独特の表現をされていました(笑)。

双子の男の子たちには、
「頼音(らいおん)」くん、「匠音(ショーン)」くん、
と、これまたユカイさんらしい命名。

2人のボーイズには、ビシッといくよー、とおっしゃっていて、
1歳半の長女、ニーナちゃんにデレデレのご様子でした。

ニーナちゃんは、お腹にいた時からギターを弾いて曲を
聞かせていたこともあって、音楽にはとても敏感。

いまは楽器を見ると、とんでやってくるそうです。

お気に入りの曲はビートルズの「Yesterday」だそうですが、
ユカイさんは、オリジナルの曲も歌ってあげているそうです (贅沢!!)。

お話の中でユカイさんが特に強調されていたことは、

たまたま自分たちは授かったけれど、

やっぱり授からない人たちもいることを忘れずに

生きていきたいという事でした。

テーマ的に前例がないので書籍の出版はやっぱり躊躇したそうですが、
自分の経験を伝えることで、不妊治療に関して良い方向にいけばと
願っているそうです。

あと、ユカイさんとプロデューサーの牛山朋子が
【同じ中学出身】という事も判明(笑)。
不思議なつながりも感じた一日でした。

今回は全然違う話で盛り上がったのでほとんどイクメン・トークは
できませんでしたが、次回、色々とコツを聞こうと思っています。

『タネナシ。』と「バラとワイン」はおススメです!! 

◆書籍『タネナシ。』 ダイアモンド☆ユカイ著

tanenashi.jpg

◆レッド・ウォリアーズ「バラとワイン」YouTube

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/2868

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ