うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

生まれ変わり

皆さま、こんにちは。
映画「うまれる」監督・プロデューサーの豪田トモです。

地震の方は大丈夫でしたでしょうか?
お元気にお過ごしでしょうか?

気軽に「元気!」とはなかなか言えない状況ですよね。
地震、そして原発、、、とてつもない国難です。。。

東北地方太平洋沖地震にて被害を受けられた皆様には謹んで
お見舞いを申し上げるとともに、犠牲になられた方々、
ご遺族の皆様に深く、お悔やみを申し上げます。

また、今もなお救助活動や災害対策に力を尽くしている
関係者の方々に深く敬意を表すると共に、一日も早い
復旧・復興に向けて、僕たちも出来る限りの活動を
していきたいと思っています。

これまで犠牲者の方々を忍んで、1ヶ月近くメルマガやブログ、
Twitterなども含めて情報発信をほとんど自粛させて
いただいておりました。

何か役に立ちたいと体がウズウズしながらも、
やはり、4ヶ月の娘と新人ママを置いての活動は難しいと
判断し、義援金を振り込み、節電に心がけながら、
まずは新しく出来たばかりの家族を守るという事に
専念してきました。

僕も皆さまと同じく、
自分に何が出来るのかをずっと考えてきました。

もう僕たちは3月11日を境に、
今までと違う世界に住んでいます。

住んでいる場所や国が変わるわけではないし、

突然仕事が変わるわけではありませんが、

心の中のマインドとして、

もう誰もが新しい世界に入り込んでいると思います。

このような事態が起こった今、
これまでのやり方を続けるわけにはいきません。

僕たちはいま、強制的に、変化を求められています。

地震を含めた災害対策、

そして原発事故に発するエネルギー戦略だけでなく、

僕たちの生き方、

未来に向けた社会作り、

人との繋がり、

様々なことにおいて、

生まれ変わらなければいけないようです。

ここでマインド的に立ち止まってしまったら、どうなるでしょう?

今回のような事態が起きたにも関わらず、今後再び同じような

事故や災害が起きたら(次は今以上に大きくなる可能性も

ありますよね)、世界の人たちは日本をどのように見るでしょう?

功罪の遺産を受け継ぐ子供たち、孫たちの世代は、

僕たちが残していくものに、感謝をしてくれるのでしょうか?

僕はこれまで、自分自身の夢に邁進してきました。

映画を作って多くの人に感動していただくこと。

それがイコール、社会貢献であるとも思ってきました。

でも、それは大きな勘違い、なのかもしれません。

もはや誰もが、自分の家庭を守ること、与えられた勤労に

励むことの他に、社会貢献する何かをしなければ、

日本という社会は成り立たないのかな、なんて思っています。

これまで明確な社会活動や政治活動は控えてきましたが、
今後はもう少し一歩を踏み出していきたいと思っています。

実は今回の東日本大震災で被災し、
自宅や出産予定の施設を失った妊婦さんに、被災していない
土地の出産施設と衣食住を提供するホストファミリーを
紹介する事によって、安心して新しい命を迎えるサポートを
するというボランティア活動の準備をしていました。

しかし、スタッフが、ここ3週間ほど、南三陸、
気仙沼、長岡など、現地で妊婦さんに調査を行ったところ、

・他人の家には行けない
・他の避難所仲間を置いて自分だけ行けない
・ 東北の方が首都圏へ移動するのはロンドンへ行くくらい
遠く感じる

との事で、また、ある程度は

・被災地近くの病院に通えている
・近くの行政が受け入れ施設を作りつつある
・親戚や知人宅にお世話になれている

という報告がありました。

「被災地・避難所からは出たい」

けれども、

「他人の家にホームステイするのは難しい」

ということが現実のようなので、この活動は
中止する事にいたしました。

今回は残念ながら実行できませんでしたが、過酷な被災地で、
おなかの中にいる赤ちゃんとママが少しでも安心して誕生を
迎えられるよう、自分に出来る事があれば、
行動していきたいと思います。

もし情報がございましたらお知らせください。

このような事態が起き、

映画でメッセージを伝えて行くのに果たしてどれほどの意味があるのかなぁ、

と思い悩みましたが、実は震災後、
自主上映会のお申込が非常に増えています。

もしかしたら、いまだからこそ命と家族をきちんと
考える機会が求められているのかもしれません。

自分に出来る役割として、映画「うまれる」のメッセージを
お伝えしていく事に、これまで以上に精進して参ります。

【4月30日(土) 13時半~@神奈川県横浜市】

東日本大震災チャリティ無料上映会が開催されます。
僕と池川明先生の対談もあります。
(神奈川県保険医協会さん主催)

ご興味ある方は以下よりお申込みくださいませ。
http://www.iiiryou.com/zero/cat80/post_89.html

これからもよろしくお願いいたします。

豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/2621

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ