うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

「コウノドリ」で勇気付けられたみんなへ 作者・鈴ノ木ユウさんに感謝を!

出版記念パーティー190222_190227_0013.jpg ※ 漫画「コウノドリ」の作者・鈴ノ木ユウさんと豪田トモ

先週、週刊「モーニング」誌で「コウノドリ」の連載が終了しました。

TBSドラマにもなった本作ですが、
周産期医療を本格的に取り上げた、ほぼ初めての漫画として、

ママやパパだけでなく、
産科医や助産師、新生児科医を中心に
医療従事者の方々にも大きなエールを送った作品でした。


作者の鈴ノ木ユウさんは
個人的によく知っていて、
僕は同じテーマを扱っている「盟友」と思っているんですが(笑)、


「コウノドリ」の魅力は、

それもこれも、

ユウさんの人柄に尽きる!!


と僕は思っています。


「なぜこのような、愛に溢れた作品が生まれたのか?」


と言うのは、
突き詰めると、


ユウさんの、

いつでも他人を思いやる気持ちであり、

人としての根本的な優しさ、


だと思うんです。

そこで、本人は嫌がるかもしれないけれど、


「鈴ノ木ユウに感謝の気持ちを伝えよう!」


と言うキャンペーンを始めたいと思います(笑)。


「コウノドリ」で、
元気になった、勇気づけられた、気持ちが楽になった、

などなど、

ぜひ、こちらのコメント欄にご記入いただくか、
シェアしていただくか、

Twitterなどで他のSNSでも


#鈴ノ木ユウ


などのハッシュタグでコメントお願いしまっす!

ユウさんは8年間にわたって、懸命に走り続けてきました。


週刊誌の連載と言うのは本当〜にハードで、
ご長男の出産をきっかけに書き始めて作品であるにもかかわらず、

家族、お子さんと一緒にいる時間がなかなか作れなかった

せっかく家を買ったのにほとんど家で寝れていなかった

と聞いています。

ぜひ、その苦労や献身性に謝意を表したいな!と個人的に思っています。
皆さん、ぜひよろしくお願いしまーす!

PS: 同じように、いま新型コロナ禍で頑張ってくれている、
多種多様な任務につかれている皆様にも感謝を!


監督・父
豪田トモ

★ 新作映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション: 大泉洋)
および映画『うまれる』シリーズ全作品が
5月31日までオンライン上映中!

ぜひご覧ください!!
online_banner.png


http://www.umareru.jp/mamayame/


spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ