うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

いまこそテレワーク化の推奨を!

いまの僕らの仕事環境についてちょっと書きましょう。


僕らは自宅兼オフィスで仕事をしていて、

実は、スタッフはもともと、週に1度だけ出勤と言うテレワーク環境です。

日々のやりとりはほぼメール。

必要な時はLINE電話で会議をしています。

集まった時も、
数週間前からマスク、換気、消毒などを徹底しているので、
ほぼ感染リスクはないでしょう(と思う!)。


現在、打ち合わせと撮影は
さすがにほとんどしていませんが、

もともと、この時期は

・新作映画『ママやめ』公開後の休憩

・自主上映会の準備

・別作品の編集

の予定だったので、
あまり人と接することなく、こもり仕事の毎日〜
(ちと寂しいね......)。

編集作業にしても、
担当者が自宅で編集し、
終わったデータをネットで送ってもらって確認していたので、

仕事の仕方に関しては、コロナ騒動後、あまり大きな変更はありません。


ちょっぴり専門的な話になりますが、

編集が始まる前には、
撮影した全映像素材を、
担当者と一緒に見ながら打ち合わせをする

「ラッシュ」

っていう作業があるんですが、
これも


・データの入ったハードディスクを郵送し、

・LINE電話を解放して、

・「いっせーのせ!」っと映像を再生することで


「リモート・ラッシュ」を実現しました


(調べていませんが、
これはきっと日本でほぼ初めてくらいのことだと思う!!)。


もちろん仕事内容にもよりますが、


「工夫をすれば、テレワークは大いに可能!!」


だというのが、
テレワーク歴の長い僕の考えです。

※ テレワークにしたことで
家族内で軋轢が生まれるということもあると思いますが(笑)、
それはまた別の話なので、別の機会に書きます。


ただ、
テレワークは構造上、
仕事の習慣を大きく変えることになるので、

いまこそ、みんなの健康のためにも

リーダーが率先してクリエイティビティを発揮すべしと思います。


もしアイデアが考えつかないのであれば、

周りにたくさん意見を聞いて、

実現してほしいな〜と思います。

とは言え、
テレワークができないお仕事もたくさんあるから、
難しいやねぇ〜......。


いまコロナ対策などで身体を張っていただいている
医療従事者の皆さまには心から感謝です。

監督・父
豪田トモ

★ 新作映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション: 大泉洋)
および映画『うまれる』シリーズ全作品が
5月31日までオンライン上映中!

ぜひご覧ください!!
online_banner.png


http://www.umareru.jp/mamayame/


spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ