うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

ママの話をしっかり聞けるようになる5つのワザ

suimanow2s.jpg

こんにちは、豪田トモです!

新作映画『ママをやめてもいいですか!?』
(ナレーション: 大泉洋、2020年2月29日公開)

では、

【ママの話を共感的に聞くこと】

の大切さについても描いています。

これ、実は最もママに求められているサポートの一つ。

シンプルですが、これ、めっちゃ重要です。

もしかしたら、真珠のネックスレスをプレゼントするよりも
大事かもしれない(笑)。

もちろん人それぞれですけどね(^^)


「話を聞く」という行為は、

実は「相手を受け入れる」ことであり、

「インバウンドの愛情表現」。

だから、

話を聞いてもらえたと思うと、

誰しも精神的に落ち着く傾向があるんですね。

ただね......



「ママの話を聞き続ける」っていうのは、

パパにとっては、

けっこう難しい時もあるんですよーー。。。



これ、女性には分かってもらいにくいかもしれないんですけど......、

パパからすると

ママの話というのは"迷走"して付いていけなくなることが

ちょこちょこあるんす(^^;。

・主語が分からなかったり...
 (え、だれだれ? 誰の話しているの?)

・知らない人物がいきなり登場したり...
 (ロン姉さんって、、、誰だ?)

・B級映画並みの驚きの展開になったり...
 (え? いきなり登場したこの人ってどっから来たの? 時空ワープ?)

・オチ・結論がなかったり...
 (おわりかい!)

ってことで、
途中で集中力が切れてしまい、

話を遮ってしまったり、

スマホやテレビを見ながら生返事してしまったり...(苦笑)。

見覚えありません???

「結局、何が言いたいの?」

って言われたことがない女性って、たぶん、いないと思うんです(笑)。

でもね、

これには理由があります。

それは、

男性と女性の脳の作り。

端的に書くと、

===============
男は結果主義
女は経過主義
===============

の傾向が強いから、

==============================
会話でお互いに求めていること、
目指している方向性が真逆に違う
==============================

んです。どっちがいいか悪いかの話じゃなくてね。

ただ、先ほども言った通り、

【「ママの話を聞く」というのは家庭生活で超重要事項の一つ】

なので、ちゃんとこの課題に取り組まないと、
お互いにギスギスしてきて、

夫婦円満や子供が笑顔で育つ環境から
遠ざかってしまう可能性だってある...


そこで!


「いのちと家族」をテーマに10年間、
いろーーーんなご夫婦・家族を取材・撮影してきた僕が、
えらそーではありますが(^^;

【ママの話を聞く5つの小手先のワザ】

を世のパパたちに伝授したいと思います!!

でもね、意外に簡単なのよ。

キーワードは......

「す・い・ま・な・う」です!!

「睡魔(すいま)ナウ」じゃないよ(笑)。

以下の5つの

「す・い・ま・な・う」

をシャッフルして、
話の合間に使ってみましょう。

=============================

す)→「すごいね!」

い)→「いいね!」

ま)→「マジで!?」

な)→「なるほど」

う)→「うんうん」

=============================

もちろん、ちゃんと相手の顔を見ないとダメよ?

ここで
大事なのは、

【会話の結果にこだわらない】

ということ。

ママが目指しているのは、
単に「話をする」ということで、

素晴らしい中身や結果を話したいわけではないんです
(もちろん人によって違いますよ)。


話が多少、理解できなかったり、入ってこなかったとしても、

受け止めてリアクションをすることが

まずは大事

ということなんです。

これはホントに些細なテクニックで、
ママからすると、

「小手先じゃなくて、ちゃーんと聞いて欲しい!」

という気持ちもあるかもしれませんが(笑)、

どうしても、しっかりと聞き続けられない時って、ある

と思うんです。

その時に、正直に「聞けないよ」という態度を取るよりも、

たとえたとえ、小手先であっても、

ママを受け止めようと努力をすることも大切

なんじゃないかなぁと思っています!

あまり難しく考えずに、ほどほどに試してみてください♪

映画『ママをやめてもいいですか!?』でも
夫婦のすれ違いや、そこに向き合うパパとママについて
様々な角度から描いています。

映画を観て、日ごろの夫婦のコミュニケーションが
少しでも変わるきっかけになってくれればいいな~と願っています!

監督・父
豪田トモ

★ 映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション: 大泉洋)
2020年2月29日・新宿シネマカリテ他にて上映開始!!
http://www.umareru.jp/mamayame/

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ