うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

親ばか日誌:我が子が勉強したくなる映画「ビリギャル」

birigyaru.jpg ※映画「ビリギャル」より


娘が小学2年生になった頃から、
我が家では1〜2ヶ月に1回、映画鑑賞会を行っています。


小さい頃から見てきているアニメではなく、
基本的には「実写映画」。


「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に思いっきりハマったかと思えば、

「ET」は「宇宙人、怖い。可愛くない」
と言って一瞬で見るのをやめたり、

反応も面白いなと思って見てるんですが、

最近、教育上、非常に助けになったのが

「ビリギャル」!


そもそも最近、「ギャル」というものに対する憧れが出てきている、
という大前提があるんだけども(笑)、

「勉強はできなかったけど、一生懸命がんばって慶応大学に受かる」
と言うストーリーにいたく感銘を受けたらしく、


「私もビリギャルになって、

夜中まで勉強して、

知らないうちに寝ちゃうと言う幸せなことをしたい!」


と言い出して
(それ幸せなことなの?って感じだけど、笑)、

最近は何も言わずによく勉強しているし、
率先して塾にも行くように!


目標はビリギャルと同じ
慶応大学に行くことらしい。

(ママもビリギャルと全く同じ学部の卒業生なんだけど、
そこには反応なし...(^^;)


僕もそうだったけど、
人間、


【目標とモデルが出来ると勝手に動く】


んですよね。


「やらされた」ことは、

効果がないとは言わないけれど、
本当の意味で、

自分の中で『うまれる』ことはない、と僕は思う。


小学生の時に僕は習字教室に「通わされていた」けれど、
ご覧の通り、字、汚いしね(笑)。


51904s.jpg


もちろん、どのお子さんにもハマるわけではないと思いますが、
「ビリギャルで勉強のモチベーションが上がった」と言う声は
たくさん聞くし、映画として非常に優れた作品なので、

ぜひ親子で見てみてください☆
映画鑑賞会、いいっすよー!


監督・父
豪田トモ

小説「オネエ産婦人科 〜あなたがあなたらしく生きること〜」
(著: 豪田トモ、サンマーク出版)
全国の書店で絶賛発売中!!
http://www.umareru.jp/onesan/
https://amzn.to/2T1UVLU

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ