うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

迷っています。新作映画のタイトル......。

迷っています......。


迷っています......。


迷っています......。


何かって?

新しい映画のタイトルでございますよ......。

『うまれる』シリーズ第四弾になる
新作ドキュメンタリー映画「ママをやめてもいいですか?(仮)」
のタイトルですよ。


今作は撮影・編集はほぼ完了し、今はナレーターのキャスティング中ですが、
子育てママを応援する、ママの共感度2000%を超える(!!)、
笑って泣けるスーパーポジティブ映画が出来つつあると実感しています。

ママの共感度は「100%」じゃないですよ(笑)。
2000%ですから!

見ていただいたら、
子育ての力になるだけでなく、子供との関係を見つめ直すこと、
パートナーがいらっしゃれば、夫婦関係を見つめ直すこと、
など明るく楽しく生きるきっかけになります。

また、子育ての大変さをパパに「実感」、いや、「疑似体験」してもらい、
今まで以上に(!)一緒に子育てをしてもらう大きなきっかけにもなると思う(!!)。


ただ......、
タイトルについては、ちょっとショッキングではありますよね。

ここ2年間、スタッフ内部でも何度も議論を重ねてきました。

言うまでもなく、
映画にとって、より多くの人に見てもらう、伝わるためには、
タイトルはとっても大事マンブラサーズです。


「ママをやめたい」なんて思うこと、
口に出してしまうことは、

タブー視されていることではありますが、

つい、そう思ってしまうくらい、口に出してしまうくらい、

子育ては時に過酷なことがあり得ます。

それを重くなりすぎず、明るく、ポップに描いたのが本作。


僕は、

映画自体は、もちろん、実際にママをやめたくなるような
内容とは180度異なるし、

タイトルにはインパクトも必要だと思っているので、

今の『ママをやめてもいいですか?(仮)』というタイトルは
とっても気に入ってはいるのですが、


「ネガティブな印象を受けて見てもらえない可能性があるのではないか?」

「変に誤解されてしまってメッセージがちゃんと伝わらないのではないか?」


という懸念が残り続けています。
だから、ずっとタイトルは「(仮)」にしてあるんです。

しかし、作品は完成に近づき、
告知用のデザインやホームページなどを制作する段階になりました。

もう、正式に決めないといけないんです。

うーん、悩む......。


悩んだら、例のごとく「皆さんに聞こう!」ってことで、


皆さんはどう思いますか〜?


5分程度の映画のダイジェスト映像を公開いたしますので、
ぜひご覧いただいて、


・ 絶対見に行く!

・ 自主上映会を開催したい!


という、映像にピッタリのタイトルをみなさんの直感で教えてください★


【アンケートは3分】で終了します!

ご協力いただいた方の中から


====================================
抽選で2名様に本作を作ることきっかけになった
僕の小説「オネエ産婦人科」をプレゼント
====================================


しちゃいます!


◆ダイジェスト映像&アンケートはこちらから☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.umareru.jp/mamayametitleanq.html

※アンケート締め切り:6月11日(火)まで


どうぞよろしくお願いいたします!


監督・父
豪田トモ
小説「オネエ産婦人科 〜あなたがあなたらしく生きること〜」
(著: 豪田トモ、サンマーク出版)
全国の書店で絶賛発売中!!
http://www.umareru.jp/onesan/
https://amzn.to/2T1UVLU

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ