うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

世界を舞台に大活躍する奈良橋陽子さんとコラボ!

ブログ用_201030_2.jpg ※ 陽子さんとのバーベキュー☆

奈良橋陽子さんという、日本が誇るキャスティング・ディレクターをご存知ですか〜?

陽子さんを知らない!という不届きな方々に説明しますとね(笑)、

陽子さんは「ラスト・サムライ」や「バベル」などで
渡辺謙(以下敬称略)や小雪、菊池凛子、MIYAVIをハリウッドに送り込んだ世界的に有名な方で、

演出家として、演技の指導者として見出した人たちは、
別所哲也、オダギリ・ジョー、鈴木亮平、池松壮亮など、数限りなし。

最近だとNetflixの「Giri/Haji」とか、
ジョニー・デップの最新作「ミナマタ」などを担当していて、

ちなみに、ゴダイゴさんの名曲「ビューティフルネーム」や「ガンダーラ」
「銀河鉄道999」などの作詞もされています。

スピルバーグやアンジェリーナ・ジョリー、
キアヌ・リーブスなどなど、

これまで仕事をしてきた人たちがビッグネームすぎる!!

んだけど、
陽子さんがホントに素晴らしいのは、

彼らと僕らとを別することなく、

全く対等に接してくれるんです。

陽子さんにとっては、

トム・クルーズも豪田トモも

みーんな一緒(笑)。

これ、なかなか出来るこっちゃない。

そんな陽子さんとのお付き合いは、
かれこれ5年くらい?になるんですが、

今度、僕が作る劇映画のキャスティングを
担当してくれることになったのですよぉーー!

陽子さんと一緒にお仕事をさせてもらうことが
死ぬまでに叶えたい夢の一つだったので、

久々に胸が震えたよ★

ワクワク〜!
今後の展開に乞うご期待!



監督・父
豪田トモ


★ 新作映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション: 大泉洋)
オンライン上映中! ぜひご覧ください!!
online_banner.png


★【キャッシュバックあり!】映画『ママやめ』をオンライン上映しませんか?
mytheater-ttl-banner2s.png

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ