うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

大葉ナナコさんが"ばぁば"に!!!!

こんにちは、プロデューサーの牛山朋子です。

じゃじゃーん!

nana.jpg

映画「うまれる」の母でもあり、私たちの姉貴的存在でもある

バース・コーディネーターの大葉ナナコさんが、

なんとおばあちゃんになりました!

ナナコさんといえば、
その美しさからは想像できませんが、
2男3女の母で、

先日、ご長女が、2884gのかわいい赤ちゃんを出産されました。
名前は、「英茉」と書いてエマちゃん。

陣痛が始まって助産院に着いてから、
なんと1時間で誕生!

という超スピード大安産だったそうです。

しかも、これが陣痛なのかな?と気づいた時には
既に2〜3分間隔、陣痛も全然痛くなく(すごい、、、、)、
ベビちゃんが、ベストタイミングで上手に生まれてきてくれたそうです。

さすが、ナナコおばあちゃんが「趣味=出産、特技=安産」なので、
その血は脈々と引き継がれているのですね(^^)。

shigu_ema.jpg

早速、生まれたばっかりの赤ちゃんに会いに行きましたが、
あーー、なんてかわいいのかしら〜。

4歳半の娘・詩草(しぐさ)が巨大に見える(^^;;
赤ちゃんの頭のにおいをかぎながら、

「お菓子のにおいがするね」

って(笑)。
「お産はやっぱ痛かった〜?」なーんて話をしていたからか、
帰ってきてから、

「詩草が生まれた時は痛かったんだね〜。ありがとう。
パパも痛かったんだよね〜」

なんていうお手紙を書いてくれました。
パパは、痛くなかったと思うけどね(^^;;

小さな命、でも、大きな愛に満ちあふれた英茉(エマ)ちゃん、
楽しいこの世へよくいらっしゃいました(^^)。

新米ママのあーちゃん、そして、おばあちゃんになった
ナナコさん、おめでとうございまーす。

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ