うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

学校での無料上映の受付を一時停止いたしました

学校での上映がもうすぐ150校になります。

多くの方のご支援で、日本の未来を担う子どもたちに、
大切なメッセージをお伝えする事が出来ています。
本当にありがとうございます!

先日、上映が行われた中学と高校の先生より感想をお送りいただき、
とても感激したので皆さまとシェアさせていただきます。

★ 中学生の感想

================================================
「ありがとう」の五文字でも、
その中にはたくさんの感謝が込められている。

恥ずかしいけれど、勇気を出して絶対に伝えたい

親という存在に冷めていた時期があったが、
こんな僕を息子としてみていてくれる親に対して感謝。
================================================

================================================
自分は生まれたときに他の人とはちょっと違う点があって、
通院や入院で治療できた。

しかし、母が謝る時があり、自分は悲しくなる。
親が悪いわけではないし、自分は苦労と感じていない。
母にはいつか恩返しをしたい。
================================================

★ 高校生の感想

=========================================================
親に冷たく当たってしまっている私に、
感謝の気持ちに戻してくれたと思います。

今日お家に帰ったら、温かいご飯を作って、
仕事から疲れて帰ってきたお父さんに
「おかえり、お仕事お疲れ様」って言ってあげたいなと思います。
=========================================================

================================================
父母の離婚があり、生きている意味が分からず、
死ぬことも考え、私を生まないで欲しかったと思っていた。

しかし、映画を観て、「父や母も、あんな風に
私の誕生を喜んでくれていたのかな」と思えた。
================================================

================================================
大人は自分たちに無関心だと思っていたけれど、
そうではないのだと気付いた。
================================================

=========================================================
うんでいるシーンがすごく痛そうで辛そうで、怖いと思いました。
でも、観終わったあとは、やっぱり赤ちゃんをうみたいと思った。
辛いこともたくさんあるけど、
赤ちゃんをうんで育てるってことはすごく幸せなことだと思う。
=========================================================

こんな感想ばかりが寄せられ、
僕たちにとっては嬉しい限りなのですが、
実は先週より、【学校上映の受付を停止】しております。

小・中・高・児童養護施設には、
皆さまからの支援金をもとに無料で上映するという活動を
1年近く行ってまいりましたが、

これまで何度かお伝えさせていただきましたように、

================================================
申込数に比べて支援金が全く追いついておらず、
私たちの負担が多大なものに
================================================

なっており、ここしばらくは身を削る運営を続けておりました。

私たちの予想を上回るお申込があった事も事実ですが、
公的資金を受けているわけでもない、
数人で運営しているチームでは支え切れなくなりつつあり、

苦渋の決断ではありましたが、
一旦、無料でのお申込を停止させていただき、

本当に世間の皆さまに求められているのかどうか、
しばらく様子を見守らせていただきたいと思っております。

様々な地域で学校上映に動かれている方々には
申し訳なく思っておりますが、
再開のメドが立てる日まで、暖かい目で見守っていただければ幸いです。

なお、正規料金(5万円(税別))でのお申込みは、
引き続き承っておりますので、ご検討ください。

ご支援をいただける方がいらっしゃいましたら、
以下の口座よりよろしくお願いいたします。

三菱東京UFJ銀行
渋谷支店(普)0309235
うまれるパートナーズ有限責任事業組合
未来人育てプロジェクト

※ クレジットカードのご用意もございます。

★『未来人育てプロジェクト』(学校上映)支援金制度
http://www.umareru.jp/school.html

※ ご支援いただいた方は、お名前が分かる限り、
  Facebookやツイッター、メルマガ等でご紹介させていただきます。

ご支援、お待ちしております!

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3195

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ