うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

記憶の種類

「記憶って何だろう?」

って思うと、面白いです。
学術的にも様々な「記憶」があり、「スクワイアの記憶分類」など色々あるそうでが、僕個人の考えとして、記憶は4種類あるのかなぁなんてぼんやり思っています。

=====================

1. 頭で覚えている記憶

2. 身体で覚えている記憶

3. 細胞が覚えている記憶

4. 魂が覚えている記憶

=====================

日々の生活の中で「記憶」と言うと、
「1. 頭で覚えている記憶」を指す事が多くありますが、

運動している時や身体を動かしている時は、
「2. 身体で覚えている記憶」が働いています。

いちいち頭で「いまは左足を動かさなきゃ」とは考えなくって、
無意識のうちに身体が動いていますよね。

また、
危機を感じた時に恐怖を感じたり、逃げようと身体が無意識に動いたり、
と言った事は、以前に似たような経験をすれば別ですが、
頭で覚えているのでもなく、身体で覚えているのでもなく、
生命が作られた時に引き継がれた「3. 細胞が覚えている記憶」かなと。

排泄もそうですし、
人を愛する気持ちなども「細胞が覚えている記憶」と言えるでしょう。

もう一つ、

「4. 魂が覚えている記憶」

もあるのでは〜と思うんです。

特に胎内記憶と向き合う事が多くなると、
この「魂が覚えている記憶」というものがあるのではないかと思わされます。

何となーく、

良い空間、

匂い、

肌触り、、、

理由・説明のつかない感覚、

そして

【親や子ども、パートナーとの関係】

といったものは、
「魂が覚えている記憶」があるとすれば、何だかつじつまが合うような気がします。

僕は無宗教ですし、大してスピリチュアルな人間でもありませんが、
こんな風に考えると、人生が楽しくなるんですよね。

僕が親子関係に関心が高いのは、
「細胞が覚えている記憶」からなのか、
「魂が覚えている記憶」からなのか、、、と考えると、なんか面白いです。

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3185

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ