うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

オールリモートでの映像制作で気をつけた3つのこと

blueair4s.jpg ※「Happy Father's Day, Hello New Daddy」の動画より☆


ブルーエアさんの「パパありがとう!」動画は
オールリモートで制作して、

いまだにクライアントにお会いしたことがないと
先日のブログで書きましたが(笑)、


オールリモートでの映像は可能と言えば、
十分、可能ですが、いくつか気をつける点がありました。


【1.いつも明るく笑顔で!】

お会いしたことがなく、
信頼関係がまだ築けていない段階でもあるので、

オンライン会議の時は、
いつもよりも明るく笑顔でいることを意識しました(笑)。

基本中の基本ですが、やっぱり大事ですよね。

クライアントの方々も皆さん、素敵な方々だったので、僕も助けられました。


【2.先手先手!】

クライアントさんからリクエストをいただく前に提案したり、
常に締め切りよりも早く提出したりして、
どんどんと作っていきました。

クライアントさんも期日通りにきちんとフィードバックを戻してくださったので、
こちらも助かりました☆


【3.エゴをとっぱらう!】

いままでは「自分の映像」を作ることの方が圧倒的に多かったので、
この点がおそらくクライアントさんも心配だったと思うのですが(笑)、

今回は特に「クライアントさんのため」という意識を持って、
自分の中の「こうすべき」というエゴは、当たり前ですが、とっぱらいました。

ただ、

言われたことだけやっていれば
クライアントさんが喜ぶものが出来上がるわけではない

のが難しいところで、
気になった点に関しては、

頼まれていなくても、自分からいくつか案を提案したり、
ご依頼の内容だと実際には難しそうな場合は、

別案も一緒に掲示したりして、
クライアントさんの希望がうまく、良い作品として昇華できるよう努めました。


もちろん、これら3点だけを気をつければ良い
ということでもないですし、
人それぞれだと思いますが、

何らかの参考になったら嬉しいです。


とにかく、面白い経験をさせていただきました!
ありがとうございましたぁーー!



※今回製作させていただいた「パパありがとう!」動画はこちら



監督・父
豪田トモ

★ 新作映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション: 大泉洋)
6月30日までオンライン上映中!

ぜひご覧ください!!
online_banner.png


http://www.umareru.jp/mamayame/


spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ