うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

ワクチンが打てるのを当たり前と思っていないかい?

「BCGワクチンが

コロナの感染拡大防止に寄与しているのではないか?」


と言う話がありますね。

たしかに、BCGワクチンの接種ありとそうでない国とでは
感染率に違いがある。


まだ科学的なデータ検証はなされていないみたいなので、
それが、日本および東アジアの国々に感染者が少ない
「ファクターX」なのか分かりませんが、

いずれにしろ、僕らは別の視点も持った方がいいなと思うんです。

それは、


「ワクチンがあるのが当たり前」

と思ってないだろうか?


「ワクチンを作ってくれたことに感謝をする」

ということを忘れていないだろうか?


「新型コロナのワクチンも誰か早く作ってくれないかな」

と半ば、人任せな考えを持っちゃったりしていないだろうか?


ということ。




ワクチンについては、推進派と反対派とで分かれているのは
承知の上ですが、それは今回置いておいて......、

「ワクチンを開発する」。




それはおそらく、想像を絶するほど大変な作業だろうし、
変異を繰り返し、耐性をつけてしまうウイルスを相手に闘う作業は


多大なる血と汗と涙が流れているはず!


作った人だけじゃなくて、

「ワクチン接種を国民が受けられるように
がんばって動いてくれた人たち」

も必ずいるはず!


ワクチン接種をしてくれることを、
当たり前だと思っている人って多くない?

少なくとも僕はそうでしたよ(笑)。

でも、世の中に当たり前ってないんだよね。

当たり前がないということは、
陰で一生懸命尽力してくださる方々がたくさんいる、ということ。


ワクチンと、それに関わる全ての人にありがとう!


っていう感謝の気持ちも忘れないでいたいな〜。

ワクチン開発のパスツールさん、ありがとう!
(娘が勉強してて久々に名前を発見、笑)


監督・父
豪田トモ

★ 新作映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション: 大泉洋)
6月30日までオンライン上映中!

ぜひご覧ください!!
online_banner.png


http://www.umareru.jp/mamayame/


spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ