うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

子育てにおいて避けられないこと・さいたま小4死体遺棄事件に思う

さいたま小4死体遺棄事件4(THE SANKEI NEWS)2.jpg ※ THE SANKEI NEWSより


さいたま小4死体遺棄事件を受けて、

こういった事件やトラブルを防ぐためにも
僕がささやかながら提案したいのは、


「親になること」
「家庭を持つこと」を

もっと早いうちから、
何らかの形で学ぶ、考える、向き合う機会を設けた方が良い


んじゃないかな、ということです。

これは現実的ではないと思われるかもしれないけれど、
結婚する時、子どもを産む時には、
特に、そういう制度を考慮してもいいように思います。


何でもそうですが、
その場になって、初めて向き合っても、
「思考停止」になることって多いので、

あらかじめ「心の準備」をして
「シミュレーション」をする機会を
何らかの形で設けておいたほうが、

いざとなった時に行動に起こしやすいと思うんです。


家庭内、夫婦間、親子のトラブルは
大なり小なり、それこそたくさんあります。

親子関係と愛着は僕のライフワークなので、
そういう実例は山のように見ている。


正直、幾多の取材をしていると、


「我が子を愛している」と言いつつ、
行動に現れていない親御さんが多すぎる


というのが実感です。


子育てにおいて僕が避けられないと思うのが、

一言、「勉強する」ということ。


20年も続く、人生で最も大切なことの一つを
何も考えず、行き当たりばったりで上手くいくわけがない。


・子育ての本を読む
・子育てを学べる映像を見る
・セミナーや講演会に参加してみる
・周りに相談する
・経験者・先輩・保育士さんや保健士さんなど専門家の話を聞く


学ぶ方法はたくさんあります。

何もしないで、
子どもがすくすく・のびのびと育つ子育ては、
「子育ての天才」でない限り、なかなか難しい。


いまこそ親は、もっと行動をおこさないと......。

我が子のために、勉強しよう。


監督・父
豪田トモ

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ