うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

体験談より:悲しみを受け入れて新しい人生を縫い合わせる

私は、今年7月1日に最愛なる一人娘19歳を
交通事故で亡くしました。

3歳から、母一人、子一人で一生懸命育ててきました。

中学から父親からの養育費が一切なかったので、
時には夜遅くまで実家に預けて働きました。

大事に大事に育ててきたのに高校卒業した後、
地方へ就職し会社の先輩の車の後部座席に乗って
国道の50km規制の所を100km程のスピードを出されて、

一瞬のうちに命が消えてしまいました。


事故の衝撃が大きかったので、
あの時の事が嘘であってくれたら...と未だ何度も思います。

まだ20になる前で、誕生日も成人式も迎えてなかった。


穂乃香が赤ちゃんの時に
9月生まれの石をモチーフにしたベビーリングを購入してあり、

それを20年近くタンスの中にしまい込み、
本人にはサプライズで20歳の誕生日にネックレスにして
首にかけてあげるのが私の夢でした。

成人式は一緒に写真館に行って、
いつも二人で撮ってたプリとは違う装いで正装して写真を撮るのも
また一つの目標としてここまで頑張ってきたのに...

一瞬ですべてを失いました。


穂乃香が亡くなって、約4か月が経ちます。

今まで普通に暮らしていたのに生活も一変してしまって、
出口の見えない暗く長いトンネルを いま一人で歩いて生きてます。

こんな生活から抜け出したくても上に這い上がれなくて、
もがき苦しんでいます。

不安と絶望感で、生きる気力さえ湧きません。
今は、生かされてると言った方がいいでしょう。

子供を亡くした親の悲しみは
立ち直れないほど辛く悲しいものだと、悲嘆感情が高ぶります。

このHPのどこかにも、
Support(支え) Expression(表出) Will(意志)= 『SEW』ソー 縫う
『悲しみを受け入れて新しい人生を縫い合わせる』と記載されていました。

この先の人生、新しい事を縫い合わせて生きていかないとならないんだな...と感じました。

悲しみは癒えないままではあるけど、
ゆっくりと受け入れて現状を変えたいという意思が持てるまでになるのを
今の目標として進んでいきたいと思いました。

(投稿者:穂乃香のお母さん)

=========================

★ 映画『うまれる』の体験談より
http://www.umareru.jp/experience/

★ 「グリーフケア」に関するブログはこちら
http://www.umareru.jp/blog/cat178/

【皆さまの体験談を募集しています!】

体験談を書く事を通じて自分自身に向き合う事は、
癒しのプロセスの始まりでもあり、
自分の中に新しい何かが生まれる可能性を秘めたものでもあります。

ぜひこの機に、人生で大きなインパクトを残した体験や、
今まさにインパクトを残しているご経験を振り返り、
新たな「誕生」を迎えていただければ幸いです。

体験談ページより、投稿いただけます!

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ