うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

愛着に障害を持つことで寿命も短くなるのだとぉ!?

IMG-1837.jpg
※ 友田先生の著書は子どものためにも自分のためにも読んだ方がいいです!


ただいま、今年か来年の公開に向けて、
愛着と親子関係をテーマにしたドキュメンタリー映画を作っているんですが、

先日、脳科学者の友田明美先生のお話で
びっくりしたことがあります。

【親との愛着に障害を持つと寿命が短くなる傾向がある】

ということが、
学術的に証明されつつあるんだそうです。

「両親の無条件の愛情と信頼が与えられないと
自尊心が傷つき、心にトラウマを抱え、生きづらい人生を歩む傾向が強い」

という話はよく書かせていただいていますが
(これは、愛着障がいとか愛着トラウマとかアダルト・チルドレンとか呼ばれます)、

すごく簡単に書くと、

心にトラウマを抱える

ちょっとしたことにもストレスを感じやすくなる

ストレスに対処するためにアルコールなど身体に有害な物質に頼りがちになる

免疫が低下しやすくなる

病気になるリスクが高まる


というようなメカニズムなのだそうです。

たしか、精神科医の岡田尊司先生の「真面目な人は長生きする」
という本でも同じようなことが書かれてたなぁ。


親との関係が人生および社会生活全般に影響するのは
(幸か不幸か、望むと望まざるとに関わらず)
何度も書いて来ましたが、

寿命にも関わるというのは
ちょっと衝撃的だった。


逆に言うと、
親との関係は良好に保つ・改善する・それなりに受け入れる、
ことで寿命も伸びるのでしょうかね。

監督・父
豪田トモ



spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ