うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

同性同士で結婚すること

こんにちは!
監督の豪田トモです!

『うまれる』シリーズ第3作の小説&映画『オネエ産婦人科!?(仮)』は、
現在、がんばって執筆活動を続けておりますが、

いよいよ物語の全貌が見えてきました。


この『オネエ産婦人科!?(仮)』は、
産婦人科を舞台にしたコメディ・ドラマで、
いろいろな命の物語が繰り広げられていきますが、

性的マイノリティ(LGBT)と呼ばれる方たちも何人か重要な役割で登場します。


【同性同士で子どもを持つこと】


ということも、たくさんのテーマのうち1つに入っているのですが、

そもそも、同性同士で結婚すること、ということは
どういうことなのでしょうか?


現在の日本では男性同士、女性同士の、
いわゆる「同性婚」は
法的に認められていません
(正しくは「想定されていない」状態?)。

世界の状況は?というと、

2001年にオランダで初めて施行されて以来、
世界ではここ10年で一気に進み、

昨年、州ごとに制定されるアメリカでも同性婚が全面的に認められ、
世界の主要な国のほとんどで同性婚やそれに準ずる法律が
整備されています。

経済大国で同性婚が認められていないのは

日本、中国、台湾、ロシア、インド、韓国

くらいです。

※ 中東・アフリカでは認められていないところがほとんどですが。


そもそも、同性婚を認めない、とする理由に、


同性婚を認めたら、

「少子化が進む!」
「人類が滅亡する!」

という議論、懸念があります。

確かに、同性同士2人だけでは子どもを生むことができませんが、


【既に同性婚を認めている国の統計を見ると、同性婚と少子化は関係がない】


ことは、数字的にも出ています(データは割愛します)。


そもそも少子化の原因は

・晩婚化、晩産化などの時代の流れだったり、

・出産・子育てのサポートへの少なさだったり、

・ 生涯教育の中で「子育ての素晴らしさと難しさ」を教えられて
こない事だったり、

様々な要因が複雑に絡み合っていて、
同性婚を禁止したら少子化が解決・改善するわけではありません。

結婚しない方々が、既に20-30%いる現在、
5%程度の性的マイノリティの方々の動向が「人類の滅亡」に至るまで
影響を与えるとも思えません。


そもそも、子どもを産まない・子孫を残さない人たちが
「不自然な存在」ではないし、当然、社会に存在する価値が
ないわけはないですよね。


★ 性的マイノリティは神の摂理に反する不自然な存在なのか?
http://www.umareru.jp/blog/2016/08/30.html


いわゆる一般社会で言われる「男性」「女性」「パートナー」とは
少し異なる存在だからこそ、当事者には考えつかないような
アイデアや問題解決策、アート、カルチャーを提供してくれる人たちもいるでしょうし、


============================
子どもを産まない方だからこそ、
社会に貢献できる事がたくさんある
============================


んじゃないかなぁと思うのです。

存在する価値のない人はいません。


誰もが、社会的にも認められた上で、
愛する人と一緒に人生を送ることができる社会になると
いいな、と思っています。


命の物語『オネエ産婦人科!?(仮)』をお楽しみに〜。

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ