うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

帝国ホテルでの授賞式!!

teikoku1.png

※ 監督・豪田トモと談笑するのは名優・奥田瑛二さん!

プロデューサーの牛山朋子です。

この度、『うまれる』と『うまれる ずっと、いっしょ。』の
業績に対し、監督の豪田トモが、
一般財団法人のファッション協会さんが毎年行っている

「第11回シネマ夢倶楽部2014年」で
「推薦委員特別賞」を受賞し、
昨日、帝国ホテルで授賞式が行われました!


「推薦委員特別賞」とは、
将来性豊かな若手フィルムメーカーに贈られる賞との事で、
過去には「舟を編む」で日本アカデミー賞を総なめにした
石井裕也監督なども受賞されています。

teikoku2.png

※ 昨日の東京新聞の夕刊の一面に大きく取り上げられました!


毎年、洋画・邦画あわせて、約1,200本もの映画が公開される中、
また、20人もの各界の著名人が集まる審査員の方々に
『うまれる』シリーズの2作をセットで評価していただいたということは、
本当に名誉な事です。


映画祭や映画賞というのは、
特に日本ではエッジの効いた作品が好まれる傾向がありますので、
『うまれる』のようにエッジから程遠い作品が選ばれたのは、
非常に珍しい事です(目の付け所が素晴らしい!笑)。


これもひとえに、登場人物のみなさん、
製作にかかわってくれた最高にクリエイティブなメンバー、
サポーターやボランティアの方々、そして、いつも応援してくださっている
みなさんのおかげです。

ありがとうございました!!!

teikoku3.png

昨日は、受賞された方々や映画・メディア関係者の約200人が
帝国ホテルでの授賞式に参加されました。

トモも舞台にあがらせていただいて、ご挨拶させていただきました。

1作目の『うまれる』を製作している時から、
「生」と「死」を逃げずに向き合う物語をつくりたい、、、と
言っていましたが、

『うまれる ずっと、いっしょ。』では、
長年連れ添った奥様を亡くされた男性がその悲しみに
向き合い、遺された家族とともに生きていく
グリーフ・プロセスを描かせていただきました。

壇上での挨拶では、そのきっかけの1つにもなった、
私の父の急死についてもふれ、

「義理の父が、命をかけて、この映画を大切さを伝えてくれた」

と言っておりました。

父も天国でこの受賞を喜んでくれていると思います!

teikoku5.png

※ 業界関係者がたくさん出席!!

同じく審査員特別賞を受賞し、
先日「おじいちゃん」になったという俳優・奥田瑛二さんも、


「僕たちは映画を命をかけてつくっています!」


と熱くおっしゃっていましたが、

1作目の『うまれる』の企画構想から考えると、
今作の完成までなんと、7年!


2040年まで、どんな形になっていくか私たち自身も
まだ分かりませんが、

『うまれる』シリーズのメッセージを
真摯に、謙虚に、そして、懸命に、
みなさんと一緒にお伝えしていければ、と願う1日になりました。

ありがとうございました!!
これからもよろしくお願いいたします!!

teikoku4.png

※ 授賞式には虎ちゃんも参加!
前列・左から二番目は元NHKアナウンサーでNHK衛星映画劇場支配人の渡辺俊雄さん


ファッション協会「シネマ夢倶楽部 2014年度 各受賞案件」はこちら

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ