うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

体験談より「生まれた時の記憶」

私の記憶です。

子供の頃よく見ていた怖い夢がありました。
暗闇を漂っていたら、急にどこかへ連れて行かれそうになる夢。


年を重ねるごとに、その夢を見ることはなくなり、すっかり忘れていました。

大人になり病気をした私は、睡眠薬を飲んで寝ていた時期があります。
そのときに、昔見ていた夢を再び見るようになりました。

子供の頃は、ただただ怖い夢だったのですが、大人になってその夢を見た私は、

「これは生まれた時の記憶だ!」

と感じました。

今までは、連れていかれそうになるところで目を覚ましていたのですが、
怖いのを我慢して続きを見てみようと、もう一度眠りに入りました。

暗闇を漂っていたら、急にウォータースライダーを頭から滑り落ちるような感覚。
頭を掃除機で吸い込まれるような感覚。
しばらくしたら、まわりが急に明るくなる。

その瞬間、私は生まれたんだと感じました。

朝起きて母にこの話をしたら、涙ぐんでいました。

「あなたが生まれるとき、吸引したのよ」と。

私は吸引の話は聞いたことがなかったので、私も母もびっくり。

「急に引っ張られて怖かったんだよ」


と言うと、

母も「助産師さんがいきなり吸引したから、私も心構えができてなかった」と言っていました。

それ以外にも、お腹の中にいる夢も見ました。

狭いスペースで鈍い音が聞こえていました。
お腹ごしの外の音、車の音や人の話し声など。

また、母が心細そうにしている気持ちが全身から伝わってきました。
(誰も知人がいない土地での妊娠だったので、日々不安だったようです)


お腹の中に来る前のことは思い出せませんでしたが、


これらのことは、とても貴重で大切な思い出です。

病気が回復し、これらの夢を見ることもなくなりました。


日々忘れて行くことがさみしいので、こちらに残させていただきました。

=========================

★ 映画『うまれる』の体験談より
http://www.umareru.jp/experience/

★ 「胎内記憶」に関するブログはこちら
http://www.umareru.jp/blog/cat34/

【皆さまの体験談を募集しています!】

体験談を書く事を通じて自分自身に向き合う事は、
癒しのプロセスの始まりでもあり、
自分の中に新しい何かが生まれる可能性を秘めたものでもあります。

ぜひこの機に、人生で大きなインパクトを残した体験や、
今まさにインパクトを残しているご経験を振り返り、
新たな「誕生」を迎えていただければ幸いです。

体験談ページより、投稿いただけます!

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ