うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

3年ぶりに金髪をやめました!

tomo-black2.png

どうですかね?

2012年の春くらいから金髪にしていたんですが、
そろそろ飽きてきたと言いますか(笑)、
何となく「次のステージに進もう!」と思い立ち、黒髪に戻しました。

何かまだ慣れないですね。
墨汁をぶっかけたような感じです(笑)。


妻からは


「待ち合わせが分かりにくくなった」


という反応(笑)。


4歳の娘・詩草(しぐさ)にとっては、彼女のほぼ全人生において
「金髪の僕=パパ」だったので、


「どうして髪の毛の色が変わっちゃったの〜?」


と、不思議そうに聞いてきます。


tomoshigusa.png


園児たちには正直、不評です。

「"黄土色"のほうがカッコよかったー」

と言われまくり(笑)。


("黄土色"じゃなくて"金"なんですけど!)


と言いたくなるところをグッと堪えました。


tomoshigusagold.png

※金髪のときの僕

3年前、金髪にしてみてから、意外な事が起きました。

【色に対する意識が変わった】


んです。


頭の上が「黄土色(^^;」になりますと、

着れる服が変わります。


それまで僕は花柄のシャツなんか好きだったんですが、
金髪に花柄シャツだとチンピラみたいなっちゃうんです(笑)。


既に「金」という決められた色軸がある事で、

身につける「色」や「模様」に大きく「制限」ができました。


通常、「制限」というとネガティブなイメージも強いのですが、
人生と同じで、

「有限」であるからこそ、逆にたくさんのアイデアが
出るかもしれないと僕は思っています。


金髪によって「制限」が出来た事で、

服や靴、ベルトなど様々な服飾品について、

今まで以上に「考えなければならない」状況になり、

色などに対する意識が大きく変わりました。

zutto_hybis.jpg

それはもしかしたら、この期間内に作った
新作『うまれる ずっと、いっしょ。』の映像にも現れているかもしれません。

本作はドキュメンタリーなので、
もちろん画面内の色に意図的に凝る事は難しいんですが、

途中で挿入される、桜、紅葉、緑、海、空、くらげなどなどの「色」には
撮影時から自分なりに気を使いました。

zutto_kurage.jpg

zutto_sakura2.jpg

映画は基本的にストーリーを楽しむものだと僕は思っているので、
「色」は二の次、三の次、なんですが、
こういった要素は「無意識」の中に入って行くと思うんです。

それは、


「色」というものを通した

「人生の豊かさ」

「命の輝き」


です。

映画をご覧いただく方々にはぜひ「色」にも気を配ってみていただけると嬉しいです☆


さて、黒い髪にもどって、どんな新たな発見があるでしょうかね〜?

監督・父
豪田トモ

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ