うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

体験談より「また、いつでも帰っておいでね」

6月3日。第三子を流産しました。

妊娠発覚後、5週になるところで胎嚢が確認できず、
7週でなんとか心拍確認。

6週前半くらいの大きさかな?でもまだ誤差があるころだから。
と医師に言われ、なんとなく違和感を感じていました。

それから1週間後、トイレへ行ったときに、
ペーパーに色がついているような。。。?まさか。

その後、度々トイレに行くと、その色は濃くなっていき、
出血であることがわかりました。

まだ初期だし、ネットでもこのころは少量の出血があることもある、
と読んだので、病院も診察時間外だし。。。と悩みましたが、
念のため電話をして確認することに。

状況を話すと、時間外であるにもかかわらず、
診ていただけることになり、すぐに病院へ向かいました。

その間も、まさかね。。。でも、もしかして。。。と、葛藤。

総合病院で、複数の先生がいるにもかかわらず、
第一子からお世話になっている先生が診てくださいました。

映し出されたエコーの映像。

すぐに、わかりました。

胎嚢は見えるけれど、先週見えたはずの、心臓のピコピコがない。

「うーん。。。今回は、流産かなぁ。。。」

とてもさばさばとした先生ですが、重いトーンでした。

覚悟もしていたからか、あぁ、やっぱり・・・。という気持ちで。

一人での受診でしたが、取り乱すこともなく、
とても落ち着いた自分に、少し驚きました。

一応、三日後に、もう一度確認してみて、
変わりなければ月曜日に手術をしましょう、と言われ、待合室へ。

時間外なので、ほかの患者さんはおらず、数名の看護師さんがいました。
「ダメでした。」と、私が話すと、「そっかぁ。。。」と、肩を落としてくれて。
少し、一緒に話を聞いてくれました。

絶対に自分を責めないでね、原因なんてないんだから。と。

その後の体の変化も、こんな風になる人もいれば、こういう人もいる、
どんな状況でも、もし辛ければいつでも電話してね、と。

すぐに旦那へメールで報告。
お互い、身近に流産経験者がいたこともあって、また、がんばろうね、と。

それから、だんだんと出血が増えていき、
生理痛のような軽い痛みと、陣痛の時の肛門を押される感じ、
腰痛がありました。

あー、これは、陣痛だ。私、初めて下から出産できるんだ。
そう思いながら、トイレで流れ出る血を眺めていました。

二人の子どもたちは、帝王切開での出産でした。
二人目の時にVBACを希望しましたが、
児頭骨盤不均等の可能性があるために、予定帝王切開となり、

もう経膣出産はできないんだな、とあきらめていたのですが、

もしかしたら、今お腹にいる子は、
私に経膣出産を経験させてくれるために宿ってくれたの?
と思うようになりました。

進行流産はとても痛く、辛い、というブログをいくつも見ましたが、
それがこの子を授かった意味だとしたら、がんばろう、
しっかりと、産んであげようと、思っていました。

ですが、痛みは本当に軽い生理痛程度。
胎嚢も、いつの間にか出ていたようで、
翌日には出血量も減っていき、

金曜日に受診したときにエコーで見たら、子宮は空っぽになっていました。

全部出たみたいだね、手術は必要なさそうだね。
と医師から言われ、ふっと、肩の力が抜けたのを覚えています。

私、初めて下から産めたんだなって。

赤ちゃんの姿を見ることができなかったのは残念ですが、
それも親思いの子。

もし、見つけたら、ママ、手放したくなくなるでしょ?
って言っているのかなって。

看護師さんからも、親孝行な子だねっていわれました。
本当にそう思います。

痛みもなく、するりと出てきてくれて、
さら~っとお空へ帰って行ったんでしょうね。

私に似て、せっかちな子だったから、何か忘れてあわてて取りに行ったんだろうな~。

ありがとうね。楽に産ませてくれて。

でもね、少しくらい痛くったって、辛くったっていいから、
元気な声を聴かせてくれることが、ママの一番の喜びなんだよ。

今度は、大きくなった姿を見せてね。笑い顔も見せてね。
また、いつでも帰っておいでね。

そう、おなかをさすりながら、空を見上げている日々です。
悲しくないわけではありません。でも、悲しんではいません。
いってらっしゃいの気持ちです。

こんな気持ちになれたのは、映画「うまれる」をみたからだと思っています。

それと。。。

偶然にも、第一子、第二子ともに同い年で、
とても仲良くしているママ友がいるのですが、
彼女も流産を経験したばかりでした。

今回のことを報告したら、こんなことを言ってくれました。

私たち二人の子どもたちも同じ年で仲良くしていて、
もしかしたら、第三子もお空で仲がいいんじゃないか。

だから、私(ママ友)の子がこっちに遊びに来て、楽しかった!とか言って、
じゃぁうちも行ってくる!

とかってなったんじゃ?
もしかしたら、二人の子どもたちも、お空時代から仲良かったんじゃ?
と。

今頃、お空で、次はいつ行く?
今度はあっちで遊ぼうね!
って話してるのかな。

いつでも待ってるからね。

=========================

★ 映画『うまれる』の体験談より
http://www.umareru.jp/experience/

★ 「天使ちゃんの物語」に関するブログはこちら
http://www.umareru.jp/blog/cat62/

【皆さまの体験談を募集しています!】

体験談を書く事を通じて自分自身に向き合う事は、
癒しのプロセスの始まりでもあり、
自分の中に新しい何かが生まれる可能性を秘めたものでもあります。

ぜひこの機に、人生で大きなインパクトを残した体験や、
今まさにインパクトを残しているご経験を振り返り、
新たな「誕生」を迎えていただければ幸いです。

体験談ページより、投稿いただけます!

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ