うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

あなたの何気ない行為が人助けになっている

IMG_9270.JPG


先日、
映画『うまれる』に登場いただいた18トリソミーの虎ちゃん一家に
お会いした時に(いまだに定期的に撮影させてもらっています)


「映画に出させてもらって本当に良かった」


という話をしてくださいました。
理由を聞いてみますと、


【映画出演を機に、たくさんの人に暖かい声をかけていただけるようになったから】


とおっしゃっていました。


「当時は、自分たちにとっても初めて聞く障がいだったこともあって、産まれたよ、って話すのも憚(はばか)られる感じがあって。。。

怖くて、誰にも会えなかったし、
やっぱり、閉じこもっていたんだと思う。

でも、こうやって撮影してもらって、いろんな人にみてもらってから、
家族だけじゃなくて、他の人にも"可愛い"って
言ってもらえたりすることに、とても喜びを感じた。」


と母の直子さん。


「やっぱり、他人に認めてもらうとか、知ってもらうっていうことが、
大事なんじゃないかなと思う。

まぁ、勇気がいるんだけどね、最初の一歩はね。」


高潔で強く見える直子さんも、
虎ちゃんが生まれた当時は悩みに悩み、
涙に暮れた日々を送っていたそうです。


IMG_9234.JPG


しかし、
映画を観た人からたくさんの声がけをいただき、
また、映画を観ていなくても、


「ちっちゃく産まれたけど、がんばってるのね〜」

「お母さんたちも大変だけど、医療的なことも覚えられてよかったわね〜」


と前向きに話しかけてくれる「全くの赤の他人」の方々に出会い、
徐々に気持ちが変わっていったそうです。

父の哲(あきら)さんも


「見知らぬ他人に救われることってあるかもしれない。」


と考え深げに語っていました。

虎ちゃん一家に暖かい声をかけてくださった方々は、
別に助けようと思って声をかけたわけではないでしょうし、

純粋に、感じた事をお伝えされたのだと思うんですが、
結果的に


虎ちゃん、直子さん、哲さんを救っている


というのは、とても美しい事だなぁと思いました。

これぞ日本人だよね!!


IMG_8266.jpg


僕らからも改めて、御礼を申し上げます。

映画を観てくださって、
前向きに受け止めてくださって、
行動に移してくださって、

ありがとうございます☆


そこで皆さんにちょっとお願い。


どこかでどなたかの赤ちゃんを見かけたら
ぜひ前向きな言葉をママにかけてあげてください。

「かわいいですね」の一言でもいいです。

きっと子育ての力になると思います。
それが巡り巡って、ハッピーな人が増えていくといいですよね!


当たり前ですが、
ネガティブな言葉や疑問は一切、御法度ですよ〜(笑)。

映画『うまれる』第二章(仮)にも虎ちゃん一家にご登場いただきます。
お楽しみに!!!


IMG_9347.JPG


監督・父
豪田トモ

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ