うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

【撮影】「見守る」という親業

現在、人生の終末期や介護、闘病といったテーマで映画製作をしておりますが、

★ 次回作のコンセプトなどはコチラから
http://www.umareru.jp/series.html


撮影させていただく方々からは、いつも


・生き方

・子育て

・人の道


など、本当にたくさんのことを学ばせていただいています。

以前、60代の末期がん患者の女性が、
ご自宅で家族に見守られて亡くなる前日の夜、


「子育てで一番大変だったことは何ですか?」


という質問に、
ベッドに横になったその女性は、娘さんの手を握りながら、


「見守る事が一番辛かった」


とおっしゃっていました。

当然、親は子どもより人生経験が多いので、


「◎◎はしない方がいい」

「あぁした方がいい、こうした方がいい」


と、どうしても言いたくなってしまう。
でも、それでは子どもの自立と成長を妨げてしまうかもしれない。

だから、その先に何が起こるかは、ある程度、想像はついてはいても、


・命に関わる事
・他人様に大きなご迷惑になる事


以外は、

黙って見守るよう努めていた。
けれど、それは、精神的に本当に大変だった、

とおっしゃるのです。

カメラを持つ僕は大きく頷いていました
(映像はちゃんと撮れています、笑)。

「親」という字は「木に立って見る」と書きますね。

正に「見守る」ということ。

これ、親業の本質を突いてるなぁって感じます。

でも、

======================================
子どもを20年近く「見守る」には、たくさんの
人生経験と知識、そして心の余裕と支えが必要
======================================

な事が多く、

【子育てって本当に修行!!】

だなぁと思います。

この女性は、まだ僕と話せる間は、いつも


「わたしは幸せです。」
「家族がすべてです。」


と繰り返しおっしゃっていました。

黄泉の国に渡る前のお言葉に
現世での充実した暮らしぶりが感じられました。


天国に旅立たれた後も、残された旦那さま、娘さんを
しっかりと見守られているのだろうなぁと思います。


★ 次回作シリーズに関する詳細はコチラから
http://www.umareru.jp/series.html

※ 撮影にご協力いただける方も随時募集いたしております。


監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3642

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ