うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

映画「最強のふたり」はサイキョー!

E1346211916074_1.jpeg

フランス映画「最強のふたり」はサイキョーでした!

スラム街に住む無職の黒人青年ドリスが、
首から下が完全麻痺した障がい者である大富豪のフィリップを、
ひょんなことから介護することになり、
お互いにかけがえのない友情を感じ、そして人間的に成長していく、、、というストーリーですが、

【障がい者を主人公にした映画でこんなに笑ったのは初めて】

かも!
とにかく

【主人公2人のキャラクターと演技が金メダル並みに素晴らしい】

です。

003.jpeg

ストーリーは細かな点でツッコミどころはありそうですが、
そんなのは、まぁ、いっかと思えるくらい、この作品が醸し出す

「生きているって素晴らしいよね!」

という空気感に圧倒されます。

「全く立場の違う二人が友情を育むようになる」

という、とてもオーソドックでシンプルなストーリーは、言わば「ダブル主人公映画」のサンプルになりそうな作品で、

類似してなさそうで実はストーリーの頸椎が同じ映画

は、「タイタニック」、「レオン」、「ミッドナイト・ラン」、古くは「或る夜の出来事」、変わり種では「ターミネーター2」など非常にたくさんあります。

そして本作は

====================
・白人vs黒人
・金持ちvs貧乏
・雇用者vs使用人
・初老vs若者
・言葉使いが丁寧vs汚い(笑)
・芸術に理解あるvsない
====================

など、非常にたくさんの葛藤要因がありますが、

【ストーリーを面白くするのは、葛藤の多さと深さ】

で「ダブル主人公映画」の場合は、
2人の性格や立場が離れていればいるほど、面白くなるんです。

本作は、フランス料理の代表格ラタトゥイユのように、
これらの葛藤要因をうま〜く煮込む事に大成功しています♪

556382_10151042391432507_65473956_n.jpeg

僕はこの作品を見ていて、カナダの親友リッチの事を思い出しました。
僕とリッチは人種の垣根を越えて、魂と魂でつながる、最強の友情を築いていたのです。

彼と過ごした4年よりも離れた時間の方が長くなってしまいましたが(バンクーバーを離れて6年)、
それでも時空を超えて心でつながっていると思っています。

もし僕が要介護になったら、カナダからリッチに来てもらおうと思いました(笑)。

この映画に出逢えて、人生が豊かになりました。
ありがとうございます☆

見て損はないと思います!

監督・父
豪田トモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/3240

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ