うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

僕の人生を変えた映画『ファイトクラブ』

fightclub.jpg

久々に『ファイトクラブ』を観ました。
デイヴィッド・フィンチャー監督・ブラッド・ピット、エドワード・ノートン主演の
本作は、僕が映画監督を目指す大きなきっかけになった映画です。


公開当時(2000年頃)、僕は会社勤めをしていて、
映画の道に進みたいと長年思っていたものの、
夢を目指す勇気がなく、あまり自分に合わない営業の仕事でウツ気味でした。


そんな時に観たのがこの映画なんです。


ブラッド・ピットがエドワード・ノートンとコンビニの強盗に入って、
店員のバイトの青年の財布の中身を見ながらアジア系の青年に


「目指した職業はなんだ」


IMG_1896.jpg
※ 携帯で撮った写真だから汚くてすみません

って聞くシーンがあります。
レイモンド・ラッセルという名の青年は


「獣医になりたかった」


と答える。
するとブラッド・ピットは青年に銃を突きつけて、


「6週間後に獣医の勉強をしてなきゃ ブッ殺す」


IMG_1898.jpg
という言うシーンがあるんです。

その瞬間、僕は映画館で、
真横に銃を突きつけられているのを感じました。


「お前、映画監督になりたいんだろ? お前何やってんだよ!?」


ってブラッド・ピットに言われているような気がして、
ひとりで号泣しちゃったんですよ。

その日の夜に、やっぱり映画監督になろうと決意して、
お金を貯めて2年後にバンクーバーの映画学校に留学しました。


そのシーンの最後に、
解放されて走って逃げる青年に対してブラッド・ピットが言う台詞


「レイモンドはいい朝を迎えるぞ」


ありがとう、ブラッド・ピット。
僕は毎朝、いい朝を迎えさせてもらっています。

IMG_1892.jpg


映画『ファイトクラブ』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.umareru.jp/mt/mt-tb.cgi/2684

コメントする

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ