うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

親ばか日誌:娘も「小説」にチャレンジ!

S__10018860.jpg
※写真:詩草の書いた小説の表紙


こんにちは!
監督の豪田トモです!

僕が小説を書いているのを見てか、
最近、小一の娘も「小説」を書きました(^^;。

しかもなんと、60ページ以上に渡る大作!!

すごいね!!

タイトルは「おじいさんとひとりのいぬ」。

犬は「一匹」なんだけどなぁ、、、というのは、まぁ、おいておいて(苦笑)。

書きながら、

「あぁ、なかなか、すすまないなぁ〜。ほんと、小説ってタイヘン〜。。。」

なんて、僕がブツブツ言っている言葉と
同じ言葉をつぶやきながら(^^;、
3ヶ月かけて完成させました。

僕より早かった。。。(^^;

物語は、
やさしいおじいさんと意地悪なおじいさんのお話なのですが、

意地悪じいさんが近くの畑にいた犬を「食べちまおう」と
さらっていってしまうところからスタート
(「事件」から始めるというのは物語の王道で、良いセンスしてます笑)。

S__10018858.jpg

途中でお姫様が出てきたり、

パトカーに乗ったおまわりさんが出てきて、
なぜか優しいおじいさんが捕まりそうになってしまったり(笑)と
奇想天外、紆余曲折あるものの、

最終的には、

【2人のじいさんが仲良くなって犬と一緒に記念撮影をする】

という、なんとも感動的な、人間愛を描き切った(!)物語になっていました。

S__10018859.jpg


S__10018861.jpg

「こどもシアターシリーズ

このおはなしのないよう
これは合田詩草さんがつくったものです。
1953年にあったおはなしです。
いろをぬったのは、合田朋子さんです。
このおはなしでは、おじいさんがえらい人で
いじわるじーさんがわるものだったそうです。

おしまい。」

裏表紙に書かれたまとめによると、
お話は1953年にあったお話で、定価は1,099円(^^)。

価格はなんとなく、それっぽい。

「こどもシアターシリーズ」と書いてあるので、
『うまれる』シリーズ並みに続くのかな?(笑)
こっちは寡作だけど。。。

あぁー、僕も早く終わりたい。。。。

娘に手伝ってもらうのってどうですかね??

監督・父
豪田トモ

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ