うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

体験談より:じゃんけんで勝って僕がきたんだよ

昨日、4歳9ヶ月の長男を寝付かせようと、
一緒に布団に入り
「お母さんのところに生まれてきてくれてありがとうね」と言った途端、
喋り始めた息子。

「お空の上から来たんだよ。
○○ちゃん(3歳4ヶ月の弟のこと)とジャンケンして、ボクが勝って降りてきたんだよ(にこにこ)」

以前、まだ3歳のころ、
お母さんのお腹の中どうやった?と聞くと
「ふわっふわ!」と答えたことはあったものの、

そんな話、私が言い聞かせたことあったっけ?と疑問を抱いていると、
出るわ出るわいろんなお話。

以下、箇条書きで話したことをまとめます。

●どうやってお母さんのところに来るって決めたの?
→ ○○ちゃん(弟)が決めた。
ほかのおウチは、ケンカばっかりしてたけど、
ここはケンカしてなかった。
○○ちゃんが「良い家!」って言って、決定ボタン押した。
テレビは、住んでたおウチの2階の天井の上の方にあって、
リモコンで選んだ。

テレビの真ん中に決定ボタンがあったけど、めっちゃ硬くて、
一緒に住んでた男の人に押してもらった。

お母さんも見えた。洗濯物してた。
(確かに私は妊娠中、料理はめったにせず洗濯係でした!)

3月(長男の誕生月)に○○ちゃんとジャンケンした。
○○ちゃんがパーでボクがチョキで勝って、
じゃ、明日行くねっ、また後でねって言って降りてきた。

●2人のほかにもいたんだ?
→ ちっちゃい子がいた。男の子。
(あと1人授かれたらと思っていますが、女の子希望。次も男の子か!?)

そのちっちゃい子は0歳が終わって、1歳くらい。
○○ちゃん(弟)とケンカばっかりしてた。
ボクとはしなかった。

●ちっちゃい子の国では、誕生日が今と違った。
(自分と弟と、もう1人いたちっちゃい子の分と、
なぜかはっきり日付まで言いました。)

●ちっちゃい子の国は、カードがないと入られない。
ちょっとおっきい子の国もある。
おっきい子の国は、カードがなくても入れるし、スーパーもある。
人がいっぱい。スーパーでカートがちゃんと押せないくらい。

●ちっちゃい子の国は、上の方、雲の上にある。
雲は乗るとすぐ落ちちゃうから、
落ちないやつをシュッシュってかけて乗ってた。

●ちっちゃい子の国は、10月1日から雪が降った。
5月から8月は梅雨だった。
2月から4月は春だった。
春の花がいっぱい積もった。花で遊べたし、拾えたし。

●ちっちゃい子の国から、どうやって降りてきたの?
→ すべり台できたの「するる~ん」て。
長いすべり台だった。楽しかった。2台ある。
お腹とすべり台とつながってたから、お腹の中に入れた。
(道のりの途中、すべり台や階段が複数があったことなど、
お腹までの道のりを細かく説明してくれました。)

~翌朝~

長男「○○ちゃん(次男)とジャンケンしたよね!ね!勝ったよね!ボクがチョキで・・・」
次男「ちがうよ!(合ってるし!?)ボクが負けたんだよ!
(右手をパーにしながら真剣なまなざし)」

弟も覚えている!?
しかもジャンケンで何出したかまで?

・・・と、その夜、長男坊は30分くらい、
ずっと喋り続けて教えてくれました。

なんか壮大な映画を見たあとのような感覚で、
今もその衝撃(?)に浸っています・・・。

欲を言うと「お母さんが可愛かったから来た」
とか言われてみたかった私です(笑)

投稿者:けりーさん

=========================

★ 映画『うまれる』の体験談より
http://www.umareru.jp/experience/

★ 「胎内記憶の証言」に関するブログはこちら
http://www.umareru.jp/blog/cat34/

【皆さまの体験談を募集しています!】

体験談を書く事を通じて自分自身に向き合う事は、
癒しのプロセスの始まりでもあり、
自分の中に新しい何かが生まれる可能性を秘めたものでもあります。

ぜひこの機に、人生で大きなインパクトを残した体験や、
今まさにインパクトを残しているご経験を振り返り、
新たな「誕生」を迎えていただければ幸いです。

体験談ページより、投稿いただけます!

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ