うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

体験談より:「生まれて来るには、小さすぎる。胎動がなくなった時が最後です。」

私は28歳で出産を体験しました。

妊婦中ある日突然、
「お腹で赤ちゃんが育っていない」と言われました。

小さい赤ちゃんなので、胎動もわずかしか感じませんでしたが、
この子を唯一感じられる瞬間なので毎回感動していました。

しかし、医師より
「生まれて来るには、小さすぎる。胎動がなくなった時が最後です。」
と言われました。

毎朝、起きた時「まだ生きてくれているね」と泣ながら、
お腹をさすりました。

それから、主人と毎朝近所のお地蔵さまに
「少しでも家族3人でいられますように」とお願いしに行きました。

諦めかけていた矢先、緊急帝王切開になり、
出産の許可が出ました。

生まれてきた子は500グラム。
入院は4ヶ月。

苦しいことばかりでしたが、

口からミルクが飲めた時、
呼吸器なしで呼吸が出来たとき、

いつも感動しました。

そんな娘が無事一歳になり、
順調に成長してくれています。

最近子育てにイライラすると、
これまでの辛かった時期、娘のがんばりを思い出し、
イライラしてごめんね、と反省しています。

私の妊婦生活はとても波乱万丈でしたが、
また子どもが欲しいと思わせるのは、
今横で寝ている娘を本当に愛しているからだなと思います。

(投稿者:ソラさん)

=========================

★ 映画『うまれる』の体験談より
http://www.umareru.jp/experience/

★ 「育児」に関するブログはこちら
http://www.umareru.jp/blog/cat154/

【皆さまの体験談を募集しています!】

体験談を書く事を通じて自分自身に向き合う事は、
癒しのプロセスの始まりでもあり、
自分の中に新しい何かが生まれる可能性を秘めたものでもあります。

ぜひこの機に、人生で大きなインパクトを残した体験や、
今まさにインパクトを残しているご経験を振り返り、
新たな「誕生」を迎えていただければ幸いです。

体験談ページより、投稿いただけます!

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ