うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

樹木希林さんの「死」についての考え方

kirin.jpg
※ 宝島社が樹木希林さんを登用した企業広告から(2016年1月13日掲載)

こんにちは!
監督の豪田トモです!

『うまれる』シリーズ第二弾『ずっと、いっしょ。』は
大女優である樹木希林さんにナレーションをしていただいていますが、最近、

「死ぬときぐらい好きにさせてよ」

という宝島社の広告も話題になりましたね。

マスコミでも時折、希林さんの死に対する考え方が取り上げられますが、
ボク個人としても、とても参考にさせていただいています。

映画『ずっと、いっしょ。』には、
家族に見守られながら自宅で幸せに旅立つ方が出てくるのですが、

これについて希林さんはこんな事をおっしゃっていました。

「あれはとてもいいわね。
子どもや孫に、現実の死というものを見せることは大切。

実際に今まで生きてきた人が、息をしなくなって、
命がなくなる、

という様(さま)を見た子と見なかった子とでは、
その後の出来が違う」

希林さんは
過去にマスコミの取材に対して

「たたみの上で死ねれば上出来の人生。
病院よりはうちのほうがいい。

孫の声が聞こえるところで死にたいと
子どもたちには伝えました」

と発言されているので、
共感される部分があったのでしょう。

「死」というのは最も敬遠されるテーマの一つですが、
でもボクらの死亡率は100%。

節目節目で向き合った方がいいし、
特に子どもが「生きる」手助けをする親としては、

「亡くなる」事を知らずして、
子どもを育てる事が出来るのだろうか

とも思っています。

映画の中で取り上げられるのは、
希林さんも「理想的」と言われた、本当にハッピーな旅立ち。

亡くなった方は「嬉し涙」という言葉をたくさん言われていましたが、
『ずっと、いっしょ。』を観て、

悲しみだけではない死のあり方

も感じていただけたら嬉しいです。

監督・父
豪田トモ

▼樹木希林さんナレーション、映画『ずっと、いっしょ。』の上映スケジュールはこちら
http://www.umareru.jp/zuttocinema-schedule.html

▼樹木希林さんの最新出演映画   是枝是枝裕和監督作品  
『海よりもまだ深く』  http://gaga.ne.jp/umiyorimo/

☆ 樹木希林さんにナレーションしていただいた映画『ずっと、いっしょ。』のDVD
http://www.umareru.jp/dvd/

☆ 希林さんの教えはぜひ多くの人に知っていただきたいので
ブログにまとめてあります。良かったらお読みください☆
http://www.umareru.jp/blog/cat388/

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ