うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

名曲が出来上がりました!

IMG_9919.JPG

映画『うまれる』第二章(仮)の編集が4ヶ月目に入りましたが、
同時に音楽製作も進めています。

今回の音楽担当は前回と同じく、古田秘馬くん。

映画『うまれる』では、「泣いていいよ」、「トツキトウカの旅」の
2つの楽曲の他、メイン・テーマや虎ちゃんのテーマなど、
つるの剛士さんに歌っていただいたエンディングのテーマ曲以外、

すべての音を彼に作ってもらいました。

僕は彼のお仕事ぶりには120%感謝していて、
今回もぜひ、という事でお願いさせてもらい、
彼も快く、僕らのオファーを受けてくれました。

映画の音楽を作っていく上で大切なのは、
やっぱりフィーリング、でしょうか。

・どのシーンに音楽が必要なのか

・それはどのくらいの長さなのか

・どんな雰囲気の音楽なのか

という事に関する「感覚」が合致していないと、
一緒に仕事をしても、お互いに不幸な結果になってしまうんですよね。

ありがたい事に秘馬くんとはとてもフィーリングが合います。

「意見交換」はたくさんしますし、それでお互いの意見を変える事はあっても、
「ここはこうでないと思う!」というような「議論」は全くありません。

それは秘馬くんが僕の事を尊重して折れてくれた部分も
多々あるのだろうと思いますし、僕が

「ここは違う」

とハッキリ伝えた事は、すべて前向きに受け入れて、
対処してくれた事が大きいのだろうなぁと思います。

彼の「仕事力」の高さに感謝感謝です♪

「良いものを作るためには喧嘩でもしなきゃ」

とかよく効きますし、

「喧嘩するほど仲がいい」

みたいな事が夫婦関係でも言われますが、
僕は全くそう思わないんです(笑)。

「喧嘩」というのは、

あくまで「コミュニケーション一つ」で、
自分の主張を伝える、相手の主張を聞く方法の、

最も動物的で感情的なパターン。

自分の言いたい事を伝えるのに、
僕はわざわざ喧嘩をする必要があると思いませんし、

==================================================
喧嘩にならずにうまく伝える、伝わる、受け止める、
という方が、持続可能な関係性になる
==================================================

のではないかなぁと思います。

さて、
次回作の音楽に関しては、
まず、あるシーンで使用したいと思っている、
歌詞のある曲からスタートしましたが、

これがまた、、、

めっっっっっちゃ、いい曲になりました!!!

前作のアニメ・シーンで流した「泣いていいよ」と同じく、

・僕が詩を書いて、
・秘馬くんが曲を作り、
・河波浩平くんが歌う

という黄金律(!)。

手前味噌で恐縮ですが、

魂に響く名曲が出来上がりました。

早く皆さんにお聞かせしたいです!!

監督・父
豪田トモ

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ