イメージ
ブログメルマガ監督・豪田トモ講演会登場人物のその後私たちの夢次回作問い合わせ
感想コメント掲載メディア体験談ボランティア商品リンクよくある質問ENGLISH
ずっと、いっしょ。

forcustomer.png


皆さまもご存知のように、映画『うまれる』は、2010年の劇場公開以降、通常の流れであるDVD化という選択を行わず、

「地域を超える! 人がつながる!」というコンセプトのもと、全国1,500箇所以上に及ぶ地域での自主上映会が開催され、累計40万人以上の方々にご鑑賞いただいて来ました。

公開から4年以上経つにも関わらず、未だにたくさんのお申込をいただいております。

これもひとえに、主旨にご賛同いただき、熱心に自主上映会を開催いただいた主催者さまや、会場に足を運んでいただいた皆さまのお陰と、心より感謝しております。
本当にありがとうございます!


ただ一方で、

・流産・死産をご経験された方
・不妊治療を続けていらっしゃる方
・お子さんが病気をお持ちの方
・ご家族の介護などをされている方
・その他、何らかの理由で外出が難しい方

などからは、上映会の会場に足を運び、鑑賞をすることが難しいため、自宅で観ることは出来ないかという

【DVD化への切実なご要望を数多く】

お寄せいただいておりました。


2014年の春にはDVD化に関するアンケートを取らせていただき、ご協力いただいた97%の方々からDVD"販売"に関して、ご賛同いただきましたが(DVD"レンタル"の可能性は考えておりません)、

残り3%の方々の

「DVDにすると自主上映会の芽を摘んでしまう。『うまれる』の当初からの趣旨である、映画で地域とのつながり作る、という目的と反する」

というご意見にも納得。

自主上映会のお申込を変わらずにいただいている現状を鑑み、未だ、DVD販売は行わず、議論に議論を重ねながら、継続審議いたしておりました。


私たちも上映会開始当初より

「地域を超える! 人がつながる! 自主上映会」というコンセプトを壊さない形で、

何らかの事情で上映会場にお越しいただけない、
もしくは地域で上映会がなく映画を見られない
という方に映画をご覧いただく方法はないか、、、

とずっと考えていたのですが、
ある方より

「図書館に流通させてはいかがでしょうか?」

というアイデアをいただき、映画『うまれる』の図書館へのDVD販売の可能性について2015年4月にアンケートをとらせていただきました。
(たくさんの方にご協力いただきまして、ありがとうございました!)


アンケートにお答えいただいた方の

【約500名の方のうち、92%の方に賛成】

というお答えをいただき、スタッフ間で検討した結果、

【図書館向けのDVDを発売させていただくことを決定】

することとなりました。
※一般の方向けのDVD販売・レンタルは、予定しておりません。
図書館にのみ、おいていただけるものになります。


私たちがこれまで『うまれる』のDVD化をしてこなかったのは、各地で開催していただいている上映会の芽を摘んでしまう可能性があるから、という事だったのですが、

図書館というクローズな環境でご覧いただけるのであれば、地域での自主上映会にマイナスの影響はない

だろうと考えました。


現在、図書館は全国に約3,000館ありますが、DVDの設置のない図書館も30-40%ほどあると言われており、また、そのすべての図書館が『うまれる』のご用意をするわけではないので、

私たちの予想では図書館用DVDの販売は、おそらく100〜200カ所の程度ではないかと考えています。


【1本につき、1年間で鑑賞される方の数は約25人前後】

と推察されますので、

図書館用DVDを準備することによって、自主上映会にお客様が来なくなる、とはならないのではないか、と考えています。

逆に、上映会に来る方とは違う立場の方々に観ていただけたり、図書館にある事で認知が高まり、上映会の後押しになる事も期待できるかもしれません。


◎ 図書館での販売の利点は

1. 閲覧できる方が限られているので、上映会の芽は摘まない。

2. DVDをコピーされて動画サイトなどにアップされる心配がない。

3. 流産・死産、不妊などの経験によって赤ちゃんがいるかもしれない上映会には足を運べなかった方にも観ていただける。

4. お子様やその他ご家族の介護等で、上映会に行くことができない、 あるいは、自分自身が精神的・身体的不自由をお持ちで、外出する ことができない、という方たちにも観ていただける。

5. 近くで上映会が開催されていない、スケジュールが合わない方も図書館でなら観ていただける。

などの5点が考えられます。


主催者さまにも、これからご覧いただく鑑賞者の皆さまにもメリットが多いのかなと感じています。

図書館向けのDVDには、全編に字幕のついたバリアフリー版も収録する予定です。


DVD化という事に関しまして、

『うまれる』は一生、DVD化をしない、
と考えられている方もいらっしゃるようなのですが、
これまで

「しばらくの間」「当分の間」は「DVD化をしない」

という表記にさせていただいてきました。

劇場公開から5年、DVD化していない映画は、おそらく『うまれる』だけではないかとも思います(^^)。


DVD化に反対されていらっしゃった方々にも、今回、【図書館用のみ】の用途でDVD化する事をご理解いただければとても嬉しく思っております。

※ 繰り返しになりますが、一般向けのDVD販売・レンタルは現在のところ予定しておりません。但し、どこかのタイミングで一般向けの販売を開始する可能性はございますこと、ご了承くださいませ。

今後とも映画『うまれる』シリーズをご支援のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。