イメージ
ブログメルマガ監督・豪田トモ講演会登場人物のその後私たちの夢次回作問い合わせ
感想コメント掲載メディア体験談ボランティア商品リンクよくある質問ENGLISH
ずっと、いっしょ。

event1205-title.jpg

event1205-title2.jpg

 

たくさんのみなさまのお申込み、ありがとうございました!
満席となりましたので、お申込みを終了させていただきます。今後とも、映画「うまれる」をよろしくお願いいたします。

2010年秋に公開予定の出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、公開に先立ち、

"感動できて、勉強になって、心があったかくなる"

そんなイベントを企画しました。

映画の概要をお話すると同時に、子どもを産んでますます仕事に輝いている久保純子アナウンサー、「趣味=出産、特技=安産」という女性のカリスマバースコーディネイター大葉ナナコさん、そして、胎内記憶の伝道師、池川明先生をお呼びして、全ての人のテーマである「いのち」について語る3時間です。見た人のほとんどが涙を流して感動する、誕生のミニドキュメンタリーの上映も予定しています。

今から「震える感動を会場で感じたい」そんな方たちにぜひ集まっていただきたいと思っています。私たちの存在が「奇跡」であるように、貴重な感動の会場になります!

 

about.jpg

 

■2009年12月5日(土)13:00~16:00(開場12:30~)
■会場:女性と仕事の未来館ホール(東京都田町)
■定員:先着250名様
■入場料:3,000円(税込)
■主催:うまれるパートナーズLLP

■内容

  1. 映画「うまれる」の製作のきっかけ
  2. パネルディスカッション:「うまれる」ってどういうこと
     ゲスト
    • 久保純子さん(アナウンサー)
    • 池川明さん(池川クリニック医院長)
    • 大葉ナナコさん(バースコーディネイター)
  3. 講演:「うまれる」って奇跡だよね!
     講演者:大葉ナナコさん
  4. ミニドキュメンタリー上映「不妊と流産を乗り越えて」

 ※キャンセルについては、2週間前(2009年11月21日)までは可能です。
 ※赤ちゃんの泣き声やおこちゃまのお声は、本イベントのBGMと捉えておりますので、ぜひぜひご参加ください!
 ※その他、よくある質問に関してはこちらからご確認ください。

 

discussion.jpg

映画「うまれる」の企画/監督であり、撮影を続けているTOMOがナビゲーターとなり、バースコーディネイターの大葉ナナコさん、胎内記憶の研究者である池川明先生、そして、2人のお子さんを育てながらお仕事をしている久保純子さんをお迎えして、「うまれる」ということ、そのものについて熱いトークを繰り広げます。

久保純子さん
ikeagawa-event.jpg
nanako-event.jpg

久保純子さん
(アナウンサー)

池川明先生
(池川クリニック医院長)
大葉ナナコさん
(バースコーディネイター)

■【プロフィール】久保純子さん

1994年NHKに入局。その後2年間大阪放送局に勤務し、阪神淡路大震災などのリポートを取材、制作、放送する。 1996年東京へ配属となり『ニュース11』のスポーツコーナーを担当し、一躍お茶の間の人気者に。 その後、『紅白歌合戦』の紅組司会者にNHKの女性アナウンサーとしては41年ぶりに抜擢され、3年連続大役を務めた。 他に『プロジェクトX~挑戦者たち~』『ポップジャム』などの人気番組を担当。 2004年4月よりフリーアナウンサーとして活動。過去には、『'08年アテネオリンピックキャスター(TBS)』や、『ブロードキャスター』(TBS系'04 年10月~'08年9月末)などに出演。
2人のお子様のママ。著書に「いっしょにつくろう~わたしのうちの、あったかごはん~」等。絵本の翻訳や読み聞かせ絵本の出版も多数。

■【プロフィール】池川明先生

池川クリニック医院長
1954年東京生まれ。帝京大学医学部大学院卒。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年横浜市に池川クリニックを開設、現在に至る。2001年9月、全国保険医団体連合医療研究集会で『胎内記憶』について発表し新聞で紹介され、話題となる。現在もお産を通して、豊かな人生を送ることをめざして診療を行なっている。著書に「おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと」(リヨン社)「ママのおなかをえらんできたよ。」(リヨン社)、「胎内記憶」(角川SSCコミュニケーションズ)等多数

■【プロフィール】大葉ナナコさん

有限会社バースセンス研究所代表取締役、有限責任日本誕生学協会 代表理事、へルスカウンセリング学会会員。1997年から妊娠前から産前産後までをサポートするスクールを開講する傍ら、官公省庁の委員や、大学や学会での調査研究にも従事。
行政民間での研修講師、講演、執筆、テレビ番組の出産シーン監修などで活躍中。
21歳大学生から7歳小学1年まで2男3女の母。
誕生学協会
バースセンス研究所
著書:「35歳からのおめでたスタンバイ」、「怖くない育児--出産で変わること、変わらないこと 」(講談社文庫)、「いのちってスゴイ!赤ちゃんの誕生--おなかの中のドラマと生きる力」(知の森絵本)、等多数

 

lectuer.jpg

テレビ番組や出版分野で出産・育児の情報コーディネイターをしながら、国内外で妊娠・出産の生理や心身のサポート、出産準備教育、カウンセリングなどなど行っている妊娠/出産のプロ、大葉ナナコさんが「命」についてお話します。
nanako-event2.jpg

 

ミニ・ドキュメンタリー

mini-documentary-inoue.jpg 「不妊と流産を乗り越えて」

映画の公開に先駆けて、感動の涙必至のミニドキュメンタリーを上映します!事前に上映した会場では、ほとんどの方がハンカチなしで見ることはできませんでした。心から震え上がる感動をあなたも体験してみませんか?

 

access.jpg

女性と仕事の未来館

〒108-0014 東京都港区芝5-35-3
TEL:03-5444-4151
 JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分
 地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅
 A1出口から徒歩1分

map

 

resister.jpg

ご参加いただいた方は、全てブロンズサポーターとして登録させていただきます!映画公開まで、ぜひ応援をお願いいたします★
※サポーター制度に関してご不明な点がございましたら、こちらをご覧下さいませ。

製作発表イベント〜「うまれる」って奇跡だよね!〜

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

-->