うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

脳動脈瘤があると言われた

B23C47B3-470B-4FB4-9447-9E93CDF0F3AA.jpg
※少し前の僕と妻

こんにちは、豪田トモです。

先日、妻であり、
一緒に映画づくりをしている朋子が脳ドックに行ったところ、

ちょっと大きめの"未破裂脳動脈瘤"が発見されました。


タレントのDJ KOOさんが
手術を受けられていたのが
番組にもなっていましたが、

同じ病名です。


"未破裂脳動脈瘤"


とは、なんだか、悪そう〜な名前の"瘤(こぶ)"ですが、
簡単にいうと、


脳の血管に瘤ができていて、

この瘤が何かの拍子に破裂すると

"くも膜下出血"になる、


というものなんだそう。。。


いったん出血が起こると、

約半数の方が生命にかかわり、

助かった場合でも重い後遺症が残るという、

医療が進歩した現在でも、とても怖い病気です。


僕が小学生の時に、
住んでいた団地の下の階のお母さんが
くも膜下出血で突然亡くなったことはいまでも覚えています。


これから、精密検査を受けたり、
セカンドオピニオンを聞いたりしながら、
予防手術を受けるべきか、また、どのような手術を受けるか
検討していくことになります。


DJ KOOさんは9mm程度だったそうですが、
朋子の脳動脈瘤は5.5mm。

医師のガイドライン的には5mm以上は予防手術をすすめるようです。


予防手術とはいえ、

種類によっては、
開頭した上で(!)、
数ミリ単位での脳内の手術になるので、

もともとビビり屋の朋子は、
あまり顔に出してはいませんが、

不安で相当びびっているのではないかなー、、、と思います。


僕が出来ることは

しっかり話を聞いて、
抱きしめてあげて、
泣きたい時は泣かせてあげて、
必要なことを着実にやっていく、ということかなぁと思っています。


もちろん、見つかったことは残念なことなのですが、
明るい未来を想いを馳せて
「早く見つかって良かったよね」と前向きに取り組んでいきます。


仕事も家事も子育ても、いつも120%の妻なので、
少しペースダウンをしてもらいながら、
周りのみなさんの気持ちとサポートに感謝をしつつ、

一緒に向き合っていきたいと思っています。


< 皆さまにお願い >

こんなことを平然と書くと反発を受けるかもしれませんが、
いのちに関わるので批判を受けようが書いちゃいます。


妻にストレス・負担をかけたくないので、
『うまれる』チームへの不平・不満・クレームは
半年くらい先延ばししてもらえると助かります(笑)。

半分ジョーダンですが、半分本気です。
妻のいのちは何より大切なので。

応援メッセージはバンバンに受け付けていきますので
何卒よろしくお願いいたします!!


手術になると、復帰まで1ヶ月以上かかるようなので、
いま取り組んでいる作品の完成が少し延期になるかもしれませんが、
皆さま、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします〜☆


監督・父
豪田トモ

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ