うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

配信します!「我が子に愛着トラウマを持たせない7つの子育て方法」

S__10493955.jpg
※「我が子に愛着トラウマを持たせない7つの子育て方法」



こんにちは!
監督の豪田トモです!


最近は小説執筆の傍ら、
ある依存症回復施設に何度も取材に行っていますが、

ここに来ている方々は
皆、親子関係の改善に取り組んでいます。


依存症になってしまう理由のほとんどが

愛されなかった、認められなかったという
子育ての不和から来ているからです。


ギャンブルやアルコール、薬物など
様々な依存症は「心の弱い人がなる病気」という印象を持たれている方も
いらっしゃると思いますが、

逆に言うと「心が弱くなってしまう理由」というものがあります。

それが親子関係であり、
愛着トラウマ、もしくは愛着障がいと言ったキーワードです。

僕自身、
愛着のトラウマを克服した過去を持つので、

親子関係は重要なテーマとして
何度か書かせていただいてきましたが、


愛着トラウマとは、

社会に出るまでに無条件の愛情や信頼を得られないと
自尊心が育ちにくくなって心にトラウマを抱えてしまい、

【恒常的な生きづらさ】を感じやすくなります

(定義は諸説ありますが、僕が考えるものは
一般的な「愛着障がい」の概念とちょっぴり違います)。

それによって、
人間関係や仕事、パートナーシップ、子育てなど
様々な社会的活動に支障をきたしやすくなり、

強いストレスを感じた場合などには
依存症、鬱・精神障がい、自殺、ひきこもり、
反社会的活動・犯罪、家庭内暴力、虐待などにつながってしまう
可能性も出てきます。


正にここにいる方々は
誰に聞いても


「親に愛されたという記憶がない」


と言います。

それを「依存してしまった言い訳」にしているわけではなく、
過去を紐解いていくと、「そう言えば、、、」と皆、
同じ川に浮かんでいる事に気づくのです。


でも、
プログラムが進んでいくと、
多くの場合、


「愛されなかった、認められなかった事が子どもの勘違い」


である事に気づいていきます。


親御さん側に取材をしても、
皆さん、その人はその人なりに子どもに愛情を注いできた
という自負があります。

子どもがトラウマのように抱えている親の言動は
親は大抵の場合、「そんなつもりはなかった」という程度の事だったりしますし、
子どもがそんな事でいつまでも傷ついていたなんて、、、
とビックリします。

でも、どの親御さんもそうだと思いますが、
親は親なりに、子どもに対して申し訳ない事をしてしまったな、、、
という気持ちもどこかで抱えていたりします。


これは正に僕が親子関係の不和を克服するために
歩んで来たプロセスと同じなんですが、
この

「親子間の捉え方のギャップ」

によって、生きづらさを抱え、
様々な問題を引き起こすと同時に、

親も親側で
子どもが問題を抱えると
「底なし沼」に引きずり込まれてしまいます。


僕は愛着の取材をしていると、
ほとんどいつも同じプロセスを見る事になるので、

「もったいないなぁ。。。」といつも思います。

どっちも想いがあるのに、
それが「伝わっていない」事で、
時に、人のいのちを奪ってしまう事態にまで
問題を産み出してしまうなんて、、、と。。。


そこで、
今週・水曜日配信予定の有料メルマガでは、


「我が子に愛着トラウマを持たせない7つの子育て方法」


を僕なりにまとめてみました。

冒頭の画像はその概要になりますが、
これまでの様々な取材・リサーチ・撮影、
そして

僕自身が愛着トラウマを克服した過去をベースに、
魂を込めて書きました。


もちろんこれが答えではありませんし、
あくまで僕の考えですが、

子育てにがんばられている多くの方に
絶対に読んでいただきたい内容です。


きっと、目から鱗の事ばかりで、
「一生もの」になると思いますよ。


既に会員になっていらっしゃる方は、どうぞ、お楽しみに!

興味のある方は、ぜひ、有料メルマガにご登録ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
月にコーヒー1杯の値段(500円)で『うまれる』有料メルマガを購読しよう!
http://www.umareru.jp/mail/special-magazine.html#entry
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

============================================
もし、万が一、有料メルマガのご購読手続きを完了
いただいていたのにも関わらず、
有料メルマガが届かないという場合
============================================

は、以下の理由が考えられますので、ご確認くださいませ。
 
【1. 迷惑メールに振り分けられている】

お使いいただいているパソコンの設定等で、
自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性がございます。

有料メールマガジンは magazine@umareru.jp より、
【『うまれる』シリーズ 有料メルマガ】というタイトルで
お送りをしておりますので、一度、検索等でお探しいただけますと幸いです。

なお、今後も同様のタイトル、送信元でお送りをいたしますので、
迷惑メールになっていた場合は、設定を解除いただけますよう
お願いを申し上げます。
 
【2. ご登録いただいたメールアドレスが、エラー等になっている】

ご登録いただいた配信先のメールアドレスが、
間違っている可能性がございます。

以下、マイページよりご登録アドレスをご確認くださいませ。
マイページ:https://umareru.jp/mail/special/users
※ メールアドレス変更画面よりご確認いただけます。

【3. 携帯のアドレスを登録している】

ご案内させていただいておりますように、
現在、有料メールマガジンは配信システムの仕様上、

【パソコンのメールアドレスのみへの送信が可能】

となっております。
ご購入手続き時に、携帯アドレスをご登録いただいた場合は、
パソコンのメールアドレスを設定いただきますようお願い致します。

【4. ご購読料のお引落がされなかった】

ご購読いただきました有料メルマガの決済方法に、PayPalを通じて、
クレジットカードをご登録していただいておりますが、
お引き落とし予定日(毎月1日)に決済の確認がとれない場合は、
決済システムのPaypalよりご連絡をさせていただいた上で、
配信を一度停止させていただいております。

決済の確認がとれ次第、次号より配信を再開いたしますので、ご確認ください。
ありがとうございます!

★ 映画『うまれる』有料メルマガページはこちら
http://www.umareru.jp/mail/special-magazine.html

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ