うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

愛する人を亡くされた方に。

昨日、小林麻央さんが旅立たれました。

34歳。
4歳と5歳のママ。
あまりにも早すぎる死。本当に残念です。

闘病されていた麻央さん、
身体的な辛さはもちろんですが、
愛する家族との時間が限りあることを痛いほど感じ、
どうにもならない想いがあっただろうと、
想像するだけで胸がしめつけられる思いがします。

ブログなどでは、笑顔でがんばっている姿を出されていて、
たくさんの方に勇気を与えたことと思います。
思い切り生ききったことと思います。

麻央さんのご冥福を心より祈ります。


これから、夫の市川海老蔵さんをはじめ、
遺されたご家族に悲しみの津波が押し寄せ、
しばらくの間、精神的にはどん底の状態が続くことと思います。

愛する人を亡くされた方が日常生活を回復するには、
早くても1年、長ければ一生涯かかるとも言われますが、

出来るだけ早く笑顔を取り戻すには、
「グリーフケア」という精神的なサポートが求められます。


第2作目の『ずっと、いっしょ。』(ナレーション: 樹木希林)を製作した際に、
僕たちも、いろいろとリサーチ、取材、撮影をさせていただきましたが、

愛する人を亡くされた方には、

・—Support(支え)・・・家族・友人などの絶対的な精神的支えを受けること

・—Expresstion(表出)・・・話す、泣くなどにして、身体の中にある悲しみ・苦しみを何らかの形で表に出すこと

・—Will(意志)・・・自分自身が現状を変えたいという意志をもつこと

という3つが特に重要です。

最後のはSupportとExpressionがあって、のWillです。

スライド33.jpg

海老蔵さん、お子さん、親御さん、兄弟・姉妹など
遺されたご家族が適切なグリーフケアを受けられる事を願っています。

今、僕たちが生かされていること、
愛する妻、愛する娘と一緒にいられるこの時間は
一秒、一秒、かけがえのないもの。


僕も、全ての瞬間を大切に生きていきたいと思います。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

●「悲しみを受け入れて新しい人生を「縫い合わせるSEW(ソー)」」
http://www.umareru.jp/blog/2014/11/sew.html

監督・父
豪田トモ

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ