うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

日本初! 男性カップルが養育里親に認定!

こんにちは!
監督の豪田トモです!

先日、大阪市で30代と40代の男性カップルが養育里親に
認定されました!というニュースがありました☆

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/05/story_n_15838196.html


養育里親制度とは、

保護者のいない児童や保護者の病気(精神疾患等含)や虐待などの理由で
家庭で暮らせない子ども達を

一時的に預かって養育することを言いますが、


★養子縁組・里親・児童養護 などに関するブログはこちら
http://www.umareru.jp/blog/cat148/


男性カップルにこの養育里親が認定されたのは、

日本では初めてとのこと。


個人的には、

血のつながりがあるかないか、
どんな性別なのか、
という事も大事かもしれませんが、

きちんと愛情と信頼を与えられるのか

などの方が重要だと思いますので、
血のつながりやセクシュアリティに関わらず、

扉が開かれて選択肢が広がるのはとても良い事だと思います。


アメリカでは
既に1970年代から同性カップルによる子育ての歴史が始まり、
2013年の報告によると、

同性カップル約70万組のうち、
11万組弱が18歳以下の子どもを育てており、
この10年間で子どもを育てる同性カップルは倍増しています。


同性カップルに育てられた子どもの中には、
既に社会に出て自分の家族を作り始めている人たちも多々いますので
研究も進んでいるのですが、

2005年にアメリカ心理学会が発表した報告書によると、


=====================================================
レズビアンもしくはゲイが親に適していない事を示す根拠はないし、
同性カップルに育てられた子が異性カップルに育てられた子に比べて、
情緒、認知、社会性、性的な発達などで
不利益を被っている事を示す証拠はない
=====================================================


としています。


育ててくれた人が、2人のパパ、2人のママ、だったとしても

愛情をたっぷり受け、自分の存在そのものを
受け入れてもらって育った子ども達は、

間違いなく、周りにも愛情を提供できる大人に育っていきます。


今回、里親さんとして認められた男性カップルが
周りから理解とサポートを受けて子育てが出来る事を祈っています。


子育て中のすべての親に暖かいまなざしを!!

監督・父
豪田トモ

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ