うまれる ずっと、いっしょ。|映画『うまれる』

  • ブログ
  • メルマガ
  • 掲載メディア
  • 監督・豪田トモ
  • 講演会
  • 商品
  • 体験談
  • プロダクションノート
  • サポーター
  • ボランティア
  • 私たちの夢
  • 『うまれる』シリーズとは?
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
うまれる ずっと、いっしょ。

10月は「骨髄バンク」推進月間です。

こんにちは、プロデューサーの牛山朋子です。

暑さが少〜し和らいだ(?)東京ですが、
みなさん、夏休み後半戦、いかがおすごしでしょうか?

子どもたちは、夏休みの宿題に追われ始める季節なのでは?
と想像しています(お父さん、お母さん、がんばって!(^^;)。


さて、みなさんは「骨髄バンク」をご存知でしょうか?

骨髄バンクとは、
骨髄移植が必要な白血病などの患者さんのために、
骨髄を提供したいという志のある人(ドナー)との橋渡し役を担う組織です。

骨髄を提供しようという想いを持った人たちが、
ドナーとして、事前にHLA(ヒト白血球抗原)という型のような
ものを調べて登録しておきます。

現在の骨髄バンクのドナーの登録者数は約45万人
登録している患者さんの数は約3000人(平成27年度)

とのことですが、いまでは骨髄バンクのおかげで、


たとえ白血病になったとしても、
9割方の確率でマッチングする


とも言われているそうです。

これまでの移植実施数は18,500件。
18,500人の命が救われたということですね。


しかし、たとえ、適合したとしても、

家族に反対されたり、
子育て中で時間をとることができない、
会社を休むことが出来ない、
怖くなって、、、

などの理由から、


【実際に提供が成立するのは55%。。。】


なのだそうです。


つまり、適合する人が現れたとしても、実際に移植成立にまで
至ることができず、天国に帰らざるを得ない状態になって
しまっている患者さんたちが、まだまだたくさんいるのだそうです。


社会での理解が広がることも必要ですが、
やはり、より多くの方に登録してもらうことが、
適合率を高め、移植を待っている方たちの命を救う
1つの大きな条件になってくることは間違いありません。


映画『うまれる』シリーズでは、
国や行政が毎年、一定の時期に実施している
社会的活動の啓発活動を目的とした上映会を実施された場合、
「啓発キャンペーン」として、【5%の割引】とさせていただいており、

10月は「骨髄バンク推進」の対象月になっています。

もし10月に映画の自主上映会を検討されている方は、
「骨髄バンク推進」を目的とした上映会として
「啓発キャンペーン」にご参加いただければ、

皆で骨髄バンクの事を考える機会になる上に、
5%の割引にもなります!


10月はその他、里親月間、母子保健強調月間、乳がん啓発月間が
啓発キャンペーンの対象になります★


★啓発キャンペーンの詳細はこちら
http://www.umareru.jp/everycinema-2.html#keihatsu


★ 日本で「骨髄バンク」をつくった素敵なお姉様・大谷貴子さんに
お話を伺ったときのブログもぜひお読みください!
http://www.umareru.jp/blog/2012/04/post-686.html

spacer
image

カテゴリ

spacer
image
spacer
image

月別 アーカイブ